3.ギリシャ神話、その主題と旋律 - 4. クロノスの一族 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

ギリシャ神話、その主題と旋律
HOME
INDEX
1. ギリシャ神話とは
2. ギリシャ神話の日本語資料
3. 宇宙ないし神々の生成の物語
4. クロノスの一族
5. プロメテウスの神話
6. オリュンポスの神々の物語
7. 神々の「恋」と「異性関係」
8. 闇の神々
9. 神話を彩る妖精たち
10. 英雄ペルセウス伝説
11. 豪傑ヘラクレス伝説
12. アルゴー船伝説
13. テセウス伝説と迷宮の神話
14. テバイを巡る三つの伝説
15. 英雄アムピアラオス伝説
16. トロイ戦争伝説の大筋
17. トロイ戦争の発端と前夜
18. トロイ戦争(ホメロスの『イリアス』全24巻の内容)
19. トロイの落城にまつわる諸伝承
20. トロイからの帰還物語
21. 星座のギリシャ神話、
黄道12宮の星座物語

4.

クロノスの一族

「二代目の神々・ティタン神族、天空の神々、太陽神ヘリオス、月のセレネ、曙のエオス、虹のイリス、北風ボレアスなど風神たち、文芸のムサイ、勝利のニケなど」 「大地ガイアと海原ポントスからの生成」


 ギリシャ神話の中で活躍する神々には、オリュンポスの12神を主役とするとその重要な「脇役」たちがいる。その筆頭が「天空の神々」たちとなる。この神々は「太陽、月、曙、虹、風の神々」などが含まれる。
 天空神の多くはゼウス達の先代の神であるクロノスたち「ティタン神族」の系列にある。ギリシャ神話の系譜は先ず初代の神である「天ウラノス」と「大地ガイア(ないしゲ)」がクロノスたち「ティタン族」を生み出すわけだが、ウラノスがティタン族の兄弟に当たるヘカトンケイレスの兄弟を嫌って、それをタルタロスに押し込めたところからガイアがそれを怒り、ティタン族に属するクロノスと計ってウラノスを追放して、ここにクロノスたちティタン族の支配となったわけであった。

クロノスたち、ティタン族
 この一族は六人の男神と六人の女神がいて、後のオリュンポス神族と同じく12人構成。

男神
1.オケアノス
「大洋の神」でこの英語読みが「オーシャン」。まだ地球が円盤状に考えられていた太古の時代の面影を伝え、この円盤状の地球の周りをグルっと取り囲んでいたとされる。従って「地の果て」となり、地上的でない地、たとえば冥界とかエリュシオンの園(極楽)、ゴルゴンの住み家などなどおとぎ話的な国はすべてこのオケアノスの辺に想定された。オケアノスは「テテュス」を妻として、地上のあらゆる河や泉はすべてこのオケアノスの子どもとなる。また彼はゼウスたちオリュンポス神族が独立してクロノスたちと戦いになった時(いわゆるティタノマキア)、中立を保って戦いに参加しなかった。
2.コイオス
「ポイベ」を妻として、後のアポロンやアルテミスの母となる「レト」を生んでいる。他に「アステリア」を生んでいて、アステリアは「ヘカテ」の母となる。
3.クレイオス
とりたてた伝承はない。
4.ヒュペリオン
「テイア」を妻として天空神「太陽のヘリオス」「月のセレネ」「曙のエオス」を生む。天空の源のような意味愛をもち、従って時にこのヒュペリオンの名前は太陽神ヘリオスの異名ともなっている。
5.イアペトス
オケアノスとテテュスの娘である「クリュメネ」を妻として(別伝ではオケアノスとテテュスの娘「アシア」とも言われる。「アシア」はアジア大陸の名前となっている)、「アトラス」「プロメテウス」「エピメテウス」「メノイティオス」を生んだ。こんなわけで知られた神の一人となっているが、古代ギリシャでは「古めかしい老人」へのあだ名となっていたとも言われる。
6、クロノス
ティタン神族の主神となるが、それは「ウラノス追放の立役者」であったからである。このクロノスは「レア」を妻としてゼウス達を生むことになる。

イアペトスの有名な子どもたち
 五番目のイアペトスの子どもたちは、とりわけギリシャ神話で活躍する重要神となってくる。

アトラス
 「天球を支える巨人神」として有名であるが、これはオリュンポス神族とティタン神族のとの戦いにおいて負けた「罰」として彼が天球を持たされることになったとも、もともと彼が天球を支えていたので敗戦の後も彼だけはそのまま任務を任されて「底なし空間タルタロス」に投げ込まれずにすんだとも言われる。ホメロスでは天球を支える「支柱の番人」となっている。

プロメテウス
 神々が人間を滅ぼそうとした時、こっそり「天の火」を持ち出して人間に与え、そのため人類は絶滅せずにすんだという神話の持ち主で、そのおかげで彼はゼウスの怒りを買って岩山にくくりつけられ鷲に内蔵を喰われるという罰を与えられた。この神話を基にしたのが有名なアイスキュロスの『縛られたプロメテウス』となる。彼の名前は「先を慮る神」との意味を持ち、ゼウスの知らない秘密を知っていたことからやがてゼウスと和解することになる(「プロメテウスの神話」の章を参照)。

エピメテウス
 プロメテウスの弟で「後で考える」という意味を持ち、要するに「先が見えない」ためゼウスからの贈り物「パンドラ」を受け取ってしまい、そのため人間世界に災厄が蔓延するようになったという有名神話の当事者。

ティタン神族の女神たち
1、 テイア
「ヒュペリオン」の妻。太陽神ヘリオスたちの母。
2、 レア
「クロノス」の妻。ゼウスたちオリュンポス神族の母
3、 テミス
「掟の女神」。ゼウスによって「季節のホライ姉妹」「運命のモイラ姉妹」「アストライア(正義の女神ディケの別名とされ、人間世界に正義が失われていくのに悲観して天に戻り乙女座となって今の地球を見ているとされる女神)」「エイレネ(平和の女神)」等々の母となる。テミスは後にアポロンに予言の術を授けたとも言われる。ホメロスでは神々の集会を招集し取り仕切る重要な女神とされている。オリュンポス神族の時代となってもその地位を保てた数少ないティタン神族の一人。
4、 ムネモシュネ
「記憶の女神」ゼウスによって「文芸の女神たちムサイ姉妹の母となる。
5、 ポイベ
「コイオス」の妻。後にアポロンやアルテミスをうむ「レト」の母。
6、 テテュス
「オケアノス」の妻

別格「ディオネ」
 ディオネというのは、本来「ゼウス」の女性形であると考えられ(ゼウスの語根はディウー)、天の女神と考えられる。ドドネのゼウス神域ではゼウスの妻とされている。ホメロスではゼウスとの間に「アフロディテ」を生んだことになっている。

ムサイ
 「文芸の女神たち」であるが、上記ムネモシュネの娘で、重要神となるので、ここで紹介しておく。ムサイは、元来は「三人」とされていたようで「ムサイの祭儀」ではそうなっていることが多い。他方、ホメロスの叙事詩では「一人」であるが、逆にヘシオドスの記述では九人とされている。ムサイの聖地としてはヘシオドスの故郷ともされる「ヘリコン山」が有名である。ここでの祭儀ではムサイは三人である。しかし文芸が盛んになるにつれ「九人説」が台頭していき、それぞれに文芸の領域が割り振られていったともいえるが、むしろ、「文芸の種類」が明確にされてそれに対応して九人とされたのだろう。
 その割り振りは相当後代になって、むしろローマ期のものと考えた方がいい。それは要するに
叙事詩抒情詩音楽、また悲劇喜劇、さらに見聞・調査録(原語は「ヒストリア」で、これは英語でヒストリーとなるため一般に「歴史」と訳されてしまうが、本来は民族のあり方を地域特色やいきさつを「調査・見聞して書き留めたもの」を意味し、今日的には「地誌・歴史」の初期形態をいう。初期の時代は「物語詩」と似たようなもので、従って「詩の女神」が司るものとされたのであろう。盛期ギリシャになってからのヒストリアとしてはヘロドトスの「ヒストリア」が代表的)、あるいはさらに天文までを司った女神たちである。天文とは「天体・星を歌う詩」だけではなく「天文学」までを司ったようである。星々の動きは「詩的」でありその天体の動きは「音楽的」とも見られたためであろう。あるいは「天界のヒストリア」とも見られたのかもしれない。その割り振りは異説も多いけれどだいたい次ぎのようなものになる。
クレイオ 「ヒストリアの女神」で巻物ないし巻物入れで象徴される。
タレイア 「喜劇の女神」で喜劇の面を持ち、蔦の冠あるいは杖を持つ。
エウテルペ 「笛の演奏の女神」で「笛」を持つ
エラト 「抒情詩の独唱の女神」で「竪琴」を持つ
カリオペ 「叙事詩の女神」で「書版と鉄筆」。オルフェウスの母ともさる。
メルポペネ 「悲劇の女神」で悲劇の高靴をはき仮面を持ってブドウの冠をかぶる。
テルプシコレ 「合唱詩と踊りの女神」で竪琴を持つ。
ウライア は「天文の女神」で杖を持つ
ポリュムニア は「賛歌の女神」

天空神
太陽神ヘリオス
 ヘリオスはティタン神の一人「ヒュペリオン」の子どもで「月のセレネ」「曙のエオス」と三人兄妹になる。ホメロスでは、太陽だから当たり前だが、世界を巡る大洋オケアノスの流れの東より出て、天空を横切って再びオケアノスの西に沈むとされている。彼は四頭立ての馬車を御して「曙エオス」に先導されて東に出て、天空を駆けて西に沈み、黄金の杯に乗ってオケアノスの流れを再び東へとかえっていくとされた。
ヘリオスは12神に入ってはいないが、
ロドス島だけは例外的に彼を主神にしており、それについては神々がその支配の土地を分配した時、ヘリオスの分が忘れられてしまい、それに対してヘリオスは今度生まれる島を自分のものとしたいと言って認められ、ロドス島が出現したのでここがヘリオスのものとされたとされる。
 彼にまつわる神話としては
「パエトンの神話」が知られている。すなわちヘリオスに落とし子があり、その子がパエトンといって、やがて長じて自分が太陽神ヘリオスの子であることが母に告げられて、父を求めて旅して父ヘリオスに再会したという。喜んだヘリオスは何でも希望を叶えてやろうと言ったところ「太陽の馬車」を走らせたいと願い、びっくりしたヘリオスがどう諭してもだめで、結局馬車を貸さざるを得なくなる。喜んだパエトンは馬車に乗るが、太陽神ヘリオスしか御すことができない馬車であったからパエトンに御すことができるわけもなく、太陽の馬車は軌道を外れて上に下へと暴走し、そのため地上ばかりか天界までその火にために危ういことになる。やむなくゼウスは雷を落としてパエトンを「エリダヌス河」へと墜落させていったというもの。
 また、このヘリオスの子どもとして有名なのが『オデュッセイア』に登場する
「魔女キルケ」で、オデュッセウスの部下たちが偵察にこの島を巡っていた時、彼女に遭遇し歓待の食事ということでその食べ物を食べたところ皆豚に変わってしまい、一人食事をしなかったためその難を免れた部下から報告を聞いたオデュッセウスが乗り込み、神ヘルメスにもらっていた薬草によって魔法を破り、部下を元通りにした上で彼女と一年の間同棲していたというもの。このキルケの妹がアルゴー船伝説の「コルキス王アイエテス」と、クレタ島での牛頭人身の怪物「ミノタウロス」を生むことになるパシパエで、また姪に当たるのがアイエテスの娘でエウリピデスの悲劇『メデイア』で知られるメデイアとなる。

月のセレネ
 ヘリオスの妹として「二頭立ての馬車」を御して夜を駆ける女神だが、ただ彼女はヘリオスのように「崇拝の対象」になることはほとんどなかった。
彼女にまつわる神話として有名なのが
「エンデュミオン」の神話であり、それによると彼は美しい若い羊飼いであったが、その美しい彼に恋したのが月神セレネで、彼女はこのエンデュミオンを永遠に老いることも死ぬこともない不老不死として「永遠の眠り」につけて、夜毎に彼のもとへと忍んでいるというもの。エンデュミオンは伝承では「エリスの王」とされ、水のニンフから得たとされる何人かの名前が伝えられている。また50人の娘を得たと言われているが、これは後代オリンピックの開催の「月の数え方」に由来したものと考えられる。

曙のエオス
 彼女も二頭立ての馬車を持っていて、ヘリオスに先だって東の空に現れる。その美しさが「バラ色の指した」とか「サフラン色のころもをつけた」とか歌われている。彼女の物語として知られているのが「ティトノス」の神話であり、エンデュミオンの話と似ているが、こちらでは「不死」を授けたのに「不老」を願うのを忘れたため、ティトノスはだんだん老いていってしまう。そしてもう老残の身を横たえるだけとなってしまうわけで、その身はしなびてついに「セミ」になってしまったというもの。
 彼女は、
風の神々「西風ゼプュロス」や「北風ボレアス」他「星々」の母となる。

虹のイリス
 イリスの父親は「ガイアとウラノス」の血統であるティタン族ではなく「ガイアと海のポントス」との間の子どもとであった「タウマス」と、母親はティタン神族の「エレクトラ」の子どもとなる。虹というのは突然大きく天から地上に橋を架けてくるところからであろう「神々の使い」という役目を持っている。そこで彼女は、「足の速い」「風の足を持つ」「黄金の翼持つ」とか形容されている。

旋風のハルピュイアイ
 イリスの姉妹に
「旋風・竜巻のハルプュイアイ」がいる。が、これは「アルゴー船伝説」などに登場して知られている。人間の顔を持った鳥の姿をしており、二人ないし三人姉妹とされている。そこでは呪われた人物のところに「疾風」のように現れて食卓を荒らしフンで汚してすさまじい臭気を残していくとされている。これはもともと「風の足を持つ」と言われる虹の姉妹とされているところを見ると自然現象としての「疾風、旋風、竜巻の精」と考えられる。また、ハルプュイアイは復讐の女神エリニュスの侍女ともされる話もあって、墓場で彼女たちに供物が捧げられる習慣があったとされるので、この場合は「死霊」ともなり、ホメロスの物語の中での「パンダレオスの娘がさらわれる話」はこのタイプのものとなる。それはつまり、「死霊に浚われた」物語である。

風の神々
 風の神々もイリスやニケと同じく父親をポントスに持つ家系にあり、父親はアストライオス(文字通りには「星の男」となる)といい、母親が先にみた「曙の女神エオス」になる。

西風ゼフュロス
 「春を呼ぶ風」とされていて、ボッティチュッリの「春」「ヴィーナスの誕生」に描かれて有名である。妖精クローリスを妻とする。このクローリスは、ローマ期になって豊穣と春の女神「フローラ」となったとされる。

北風ボレアス
 ギリシャ北方トラキアにすむとされ、冬の厳しい北の具象化。アテネの王女オレイテュイアをさらって妻としたという話が伝えられる。またトロイ戦争伝説での英雄アキレウスの人語を話す名馬「クサントス」もボレアスの子とされるが、子どもで有名なのは「アルゴー船伝説」でのハルプュイアを退治した「ゼテスとカライス」の兄弟となる。彼らは足に翼を持って疾風のようにとぶことができて、文字通り疾風となって逃げるハルプュイアを追いかけ退治した。

西風南風ノトスと東風エウロス
この二つの風は特にギリシャ人には強い意味がなかったとみえて神話がない。

勝利の女神ニケとその母、冥界の河ステュクス
 ニケも父親の血統から言うと「ガイアとウラノス」の血統となるティタン神族ではなく、「ガイアと海のポントスの家系」に属する「パラス」と、母親はティタン親族であるオケアノスの娘「ステュクス」の娘とされる。ステュクスは「オケアノス」の娘であり、父オケアノスが自分は赴かない代わりにこのステュクスをゼウスたちオリュンピア神族の援軍として差し向け、ゼウスはこれを喜び、以降「神々の誓約」は彼女「ステュクス」の名の下に行われるように取り決めたという。「ニケ」はそのステュクスの子として活躍したので、その後オリュンポス神族の中に属するようになり、女神アテネに随伴する女神となった。ただしゼウスに随伴することもあって、オリュンピアのゼウス像はこのニケを手にしていた。彼女は翼を持った若い女性の姿で描かれ、「サモトラケのニケ像」「オリンピアのバイオニオスのニケ」など多くの彫刻に描かれ各地に神殿を持って祭られていた。神殿としてもっとも有名なのが、アテナイのアクロポリスにある「ニケ神殿」となる。

「大地ガイアと海原ポントス」からの生成
 初代の神ウラノスの系譜は以上のようであったが、海原のポントスの方もガイアと交わりさまざまの子供たちを生んでいる。まずは「誠実で正直な海の老人」と呼ばれる「ネレウス」であった。彼が老人と呼ばれるのは年のせいではないらしく、彼が誠実で優しく、正しく、思いやりのある思慮を備えているからだ、と語られている。この彼から50人の娘たちが生まれ皆非の打ち所のない娘たちだと語られている。ホメロスの叙事詩『イリアス』での主人公アキレウスの母となるのが、そのうちの一人「テティス」である。
 さらに、このポントスの一族からは先に紹介した「虹の女神イリス」「旋風ハルピュイア」「勝利の女神ニケ」などが生まれている。

 さらに興味深いことに、このポントスの系譜からは「妖怪達」が数多く生まれてくる。たとえば、その顔をみると恐ろしさの余り「石」になってしまうという「ゴルゴンの三姉妹」。そのうちの一人「メドゥサ」から生まれた「エキドナ(父はポセイドン)」「天馬ペガソス」、またオイディプス伝説で名高い、顔は美しい乙女、胴体は獅子という「スフィンクス」、英雄ヘラクレス伝説での「ネメアの不死の獅子」が今挙げたエキドナとオルトロスから生まれ、さらにこのエキドナは「テュポン(テュポエウス)」と交わり「レルナの水蛇ヒュドラ」、あるいは「地獄の番犬ケルベロス」「頭は獅子、胴体は羊、尾は蛇で、口から火炎を吹き出すキマイラ」などを生んでいる。
 他方、上に出てきた
「テュポン(テュポエウス)」であるが、この怪物は「大地ガイア」が、宇宙開闢の四柱の一人「タルタロス」から生んだ子とされている。テュポンは英語で「タイフーン」と呼ばれ、これが「台風」の語源とされるようにこのテュポンは「すさまじい嵐」の擬人神であるが、ゼウスたちとの壮絶な戦いで神話に名前を大きく残してくる。

▲ページのトップへ