3.ギリシャ神話、その主題と旋律 - 1.ギリシャ神話とは | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

ギリシャ神話、その主題と旋律
HOME
INDEX
1. ギリシャ神話とは
2. ギリシャ神話の日本語資料
3. 宇宙ないし神々の生成の物語
4. クロノスの一族
5. プロメテウスの神話
6. オリュンポスの神々の物語
7. 神々の「恋」と「異性関係」
8. 闇の神々
9. 神話を彩る妖精たち
10. 英雄ペルセウス伝説
11. 豪傑ヘラクレス伝説
12. アルゴー船伝説
13. テセウス伝説と迷宮の神話
14. テバイを巡る三つの伝説
15. 英雄アムピアラオス伝説
16. トロイ戦争伝説の大筋
17. トロイ戦争の発端と前夜
18. トロイ戦争(ホメロスの『イリアス』全24巻の内容)
19. トロイの落城にまつわる諸伝承
20. トロイからの帰還物語
21. 星座のギリシャ神話、
黄道12宮の星座物語

1.

ギリシャ神話とは


 古代ギリシャの神話というと、一般に「オリュンポスの神々の物語」となります。この神々は「人間的表現」を持ったため絵画・彫刻などの美術や詩・文学に表現され、そのため結局「西洋美術・文学の源」となって現代にまで生き続けることになります。
 ギリシャ神話は「宇宙の生成の物語」「原初の神々の争いと覇権の物語」「オリュンポスの神々の物語」「英雄物語」とで構成されています。

宇宙の生成の物語
 オリュンポスの神々の誕生に先立って、宇宙の生成の物語があります。ここでは「永遠の宇宙の原質」が展開して、はじめに「カオス(開き口、空隙、混沌)」、第二に「大地ガイア」、第三に「タルタロス(無間の底なし)」、第四に「エロス(愛)」が生まれ、材料としての「大地ガイア」からの自然世界へとなっていく次第が物語られます。

初の神々の争いと覇権の物語
 オリュンポスの神々というのは「三代目の神々」なのでした。初代の「天ウラノス」からどのようにしてゼウスを主神とするオリュンポスの神々に覇権が移っていくのか、そこにはドロドロとした生々しい親子の争いがありました。ただし、物語として独立的に長い話とはなっておらず、それぞれの代のところでの覇権奪取の挿入的な逸話といったところです。

オリュンポスの神々
 オリュンポスの神々は主要神として「12」の神々がおりますが、その神々は全員強い個性の持ち主で、職分もはっきりしています。この物語の中に古代ギリシャ人の思う神々の正確が現れてくるのですが、それは日本の神々とは全く異なった、恐ろしく喜怒哀楽の激しい人間的な性格と姿を持った神々でした。

英雄物語
 この物語もギリシャ神話の大きな部分を占めます。「その顔を見ると石になってしまうという怪物ゴルゴンのメドゥサ態度のペルセウスの物語」や「信じられないほどの強さを持つ最大の豪傑ヘラクレスの物語」「黄金の羊の毛を求めて長い海洋の冒険をしていくアルゴー船伝説」「父を殺し実の母から子供を産む運命に翻弄されるオイディプスとその子供たちを描くテバイの伝説」「テセウスによる迷宮と半牛半人の怪物ミノタウロス退治物語」そして「英雄アキレウスとトロイ戦争伝説」など現代に間でさまざまの文学や栄華のテーマとなっている数多くの物語があります。

オリュンポスの神々の特徴
 オリュンポスの神々の最大特徴は、「神とは不死にして強力な能力を持った人間」というような性格を持っていることです。つまりギリシャ人は自分達に能力を与えてくれる「能力そのもの」の象徴として「神」というものを考えていました。それ故「神」は怖ろしく人間的で、能力だけではなく感情までも人間的なものを強く持っていました。ですからギリシャの神々は「人間的に描かれ歌われる」という性格をはじめからもっていたのです。それがギリシャ神話となり、また西洋文化の源となるギリシャ叙事詩・叙情詩・悲劇となり、またギリシャ美術といわれるものの実態なのです。

神と人間の関係
 ギリシャ人は人間の生の目的として「神に近づこう」という考えを持っていました。つまり人間は神に似るように努力し、「智」において「体力」において「武術」において「芸術」においておよそ何においても「より強く、より高く、より美しく」ということを最大の価値と考えていました。
 冒険こそ男の価値であり、困難に立ち向かうのが英雄とされました。そしてその精神のもとで彼等は「海を越えて」未知の土地に行き、そこに「移民」していったのです。こうした精神がエーゲ海を越えて黒海沿岸から地中海の北の海岸すべてをギリシャ領域としたし、今日の近代文化の源となるほとんどすべての「学問」を生み、「芸術」を生み、そしてオリンピックに代表される「スポーツ」を生んでいったのです。
 ちなみに「オリンピック競技」というのは、もともと神ゼウスへの奉納という「神事」であり、個人的には「神に似た優れた力と姿」を獲得することへの修練であり、また「名誉」を得ることも大きな目的でした。

オリュンポスの12神
 そうした古代ギリシャ人が自然や人間の能力の源とした神々は「オリュンポスの神々」と呼ばれたくさんの神々がいますが、その特徴は皆それぞれ明確な「職分・性格」を持ち「個性的」であるということにあります。彼等は自分のその「個性」に執着し決して他の神に譲るということはしません。徹底的に「自己を主張する」というところに「神である」ということを表してきます。この「個人主義」的な精神がギリシャ精神となり後にヨーロッパの精神ともなったのです。その代表的な神々が「オリュンポスの十二神」と言われる神々です。
1、 主神、ゼウス。オリュンポスの神々のキャプテン。天を支配し「雨と雷」を司り、リーダーの資質の象徴。
2、 女神、ヘラ。ゼウスの妻。女性の栄光を司り、とりわけ家庭婦人の守り神。
3、 神、ポセイドン。ゼウスの兄弟。世界の三分の一である「海」を司る。海、航海に関わるすべてを支配する。
4、 女神、ヘスティア。家や都市の象徴。「炉の神」であり、その火が消えることは家や都市の滅亡を意味する。
5、 女神、デメテル。穀物を司る神。また植物の「再生」から「再生の密教」の神でもあった。
6、 神、アポロン。「予言の神、音楽の神」として、また若い男性の美徳を託されギリシャ人がもっとも愛した神。
7、 女神、アテネ。「都の守護神」で「栄光の戦い」を司る。「知恵の神」でもあり最高に敬愛された。
8、 女神、アフロディテ。「美」の女神としてローマ名「ヴィーナス」で有名。
9、 女神アルテミス。「山野の女神」したがって「野獣の神」だが「純潔の女神」として有名。
10、 神、ヘパイストス。鍛冶の神。あらゆる工芸・制作の神。ただし足に障害を持ち「男前でない」神としても有名。
11、 神、アレス。戦争、殺戮の神。ギリシャ人には嫌われた神。
12、 神、ヘルメス。もっとも若年の主要神。「道・伝令の神」であり後には「冥界への道の神」ともなった。「商売」の神としても有名。
 その他、「冥界の神ハデス」、「ぶどう酒、熱情、悲劇の神ディオニュソス」が重要です。
他にも「運命の女神モイラ」「遇運のテュケ」など人間の人生そのものに関わる神も注目されます。
「太陽の神ヘルメス」「月の女神セレネ」「虹の女神イリス」「曙の女神エオス」など自然神も大事です。
また、「青春の女神ヘベ」「勝利の女神ニケ」「出産の女神エイレイテュイア」など人間の人生のさまざまの局面の神もいろいろな場面ででてきます。
 要するにその神々の体系は、
自然現象、人間の能力や営み、人間の感情などなど、自然と人間のあらゆる局面の顕著なものにそれぞれ神々が居て自然や人間の有り様を象徴したと言えます。

ギリシャの神々の近代への影響
 ギリシャ神話は古代ギリシャの文化を理解するのに不可欠ですが、それだけではなく西洋近代の絵画や彫刻、また文学にはギリシャ神話に題材をとったものが非常に多いです。これは西洋が近代化への道をギリシャ文化の再興という形で進めたからで、ですから近代絵画や彫刻あるいは文学も、その題材にギリシャ神話を使っているものが多く見られ、この場合その作品の意図を知るためにはギリシャ神話の知識が必ず必要となるのです。
 それはたとえば、ルネサンスの代表である
ボッティチュッリの「ヴィーナスの誕生」「春」に典型的に見られます。これはいずれも「美の女神アフロディテ(ローマ時代になってヴィーナスと呼ばれるようになる)」を題材としたもので、「ヴィーナスの誕生」はギリシャ神話につたえられるヴィーナスの誕生を物語通りに描いたもので、「春」はヴィーナスの誕生から生じる花々に充満した世界を描いたものです。これは中世の時代には許されていなかった「女性の肉体美」を描いたもので近代精神の幕開けとなる作品なのでした。近代精神をギリシャ精神の再生に求めたのがルネサンスだったのです。
 その後、近代絵画や文学・映画だけではなく、さまざまの事物や現象にこの神々の姿や名前が見られることになりました。たとえば、有名ブランド「エルメス」とは神「ヘルメス」ですし、石油にも「アポロン」がおり、車にも「ガイア」や「オデュッセイ」があり、といった具合です。

古代ギリシャにおける英雄像、「トロイ戦争伝説」
 ギリシャの英雄伝説でもっとも有名なトロイ戦争のあらすじは、かつてギリシャのスパルタの王女で絶世の美女ヘレネトロイの王子パリスに誘惑されて手に手をとって逃げていったのを追って、ミケーネの王アガメムノンを総大将としてギリシャ軍が小アジア北西部黒海への入り口、今日のダーダネルス海峡に面していた豊かな都トロイへと攻め上ぼり十年間の戦いの後ここを滅ぼすというもの。筋は、ギリシャ最大の勇士であったアキレウス(足のくるぶしのアキレス腱に名前が残っている)は総大将アガメムノンの理不尽さに怒り、退陣。その隙を縫ってトロイの総大将ヘクトルが活躍しギリシャ勢を追いつめていく。それを遠くから見て、味方の敗勢を立て直すべくアキレウスの親友パトロクロスがアキレウスの鎧・兜を借り受けてアキレウスに成り代わって参陣。ヘクトルに討たれてしまう。アキレウスは嘆き、敵討ちのため復帰を決意。アキレウスとヘクトルの一騎打でヘクトルはついにアキレウスに討たれてしまう。ヘクトルの父トロイの王プリアモスは夜陰に紛れてアキレウスを尋ね、ヘクトルの死骸を返してもらう、といった筋立です。

英雄の条件
1、 最大の特徴は「自分自身」が戦闘の頭に立ち「武勲」をたてることにあり、ほとんどすべてこれに尽きます。
2、 英雄にはその「力」を信奉してついてくる部下がいるが、しかしこの多・少は武将内での位置付けにほとんど影響していません。
3、 英雄の多くは領主として財産、船団、戦車などを持つが、「英雄」ということではアキレウスの親友とだけでそうした外的なものを持たないパトロクロスの例もあるので一概には言えません。
4、 血統だが、これについては英雄の多くが「神」をその父か母に持っているが、しかし例外も多く、これも一概に言えません。
 ですから、始めの条件こそが「英雄」の姿なのであり、したがって英雄は常に一人で戦闘に赴き、大勢の兵隊もいる筈なのに「軍団の戦い」という場面は描かれず、そのため英雄の「指揮能力」も問題になっていません。ただ「己の足と手と能力だけで戦う」のが英雄の資質なのです。戦場の描きにおいては回りに彼を守るべき部下も見当たりません。ある英雄を助けるとしたら「別の英雄」となるのです。
 こうしてみると結局、英雄の条件は「個人的資質」ということに尽きていると言えます。財産だの部下の数だの外的なものはあくまで付随的なものであり、英雄の「条件」ではないということです。こうした英雄のあり方は、後代のアレクサンドロス大王のあり方に典型的に見られてきます。
 こうした「英雄観」は後に、人間にとっての善をまず
「自由人」であることに求め、「自立(自律)」を基本に「資質を磨く」「懸命の努力」「武勲」を第一に見て行く精神に現れていったと言え、これが古代ギリシャ精神であったと言えます。
 神はこうした人間の「実際行動の支え」として出現してくるのであり、その人間が「冒険・努力」より「安定・安楽」に傾いた時にはさっさと離れていきます。この典型が「アルゴー船」伝説のイアーソンに見られ、冒険の後に安定・安逸を求めた彼は哀れな末期を辿らなければならなりませんでした。「向上心・努力・冒険において始めて神はその人間に介在してくる」という思想が古代ギリシャの「神」の考え方であると言えるのです。

神と人間との関係は以下のようにまとめられます。
1、 人間は不完全で、知においても低く狭い、という「人間の分限性」の自覚とそこからの「向上心」が尊ばれた。
2、 人間の行為・行動の結果は、人間の意図・意志通りにいくものではないが、「努力で開かれる」とする。
3、 人間の人生・生死は人間が決められることではなく、不可知な中で生きていかなければならない(運命の受容)。
4、 いかなる運命の下にある人生であっても、それを「自分の人生」として引き受け、自分の精一杯のところで生きていこうとする中に「神」は介在してくる。
5、 神の介在において人間の能力は開かれ、顕在化してくるのであり、人間は「神」によって支えられ、したがって神に対する畏敬の念を持たなければならない。
6、 それを失うのが「おごり、傲慢」ということなのであり、ここに人間の滅びの原因がある。

 以上のような知識を持ってギリシャ神話を読んでいくとその姿が良く分かると思います。それぞれのテーマに分けて解説してあるので、それぞれのページを検索してください。

▲ページのトップへ