1. 世界遺産にみる地中海域の古代・中世社会 INDEX | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授


ホームへ
1.「マルタ島」の先史巨石神殿群
2. エジプト・世界遺産ピラミッド群
3. クレタ島「ミノア文明」と
「クノッソス」等
4. 「アトランティス大陸伝説」
の「テラ(サントリーニ)島」
5. 小アジア「ヒッタイト文明」と
「ハットゥシャシュ」
6. 小アジア「トロイ文明」
7. 古代ギリシャ、「ミケーネ文明」
8. 古代ギリシャ、アテナイの
「アクロポリスとパルテノン」
9. アテナイ、
「アクロポリスを巡る遺構」
10. 古代ギリシャの世界遺産群
11. 古代ギリシャ、オリンピアなど
四大競技会
12. 古代ギリシャ彫刻史
13. 南イタリアとシケリア島の
ギリシャ遺跡
14. アレクサンドロス大王と
ヘレニズム世界
15. ローマ帝国、
世界遺産「ローマとポンペイ」
16. 南フランスと小アジアの
ローマ遺跡
17. 中東のローマ遺跡、世界遺産
「パルミラ、ペトラ、イエルサレム」
18. ローマのモザイク群、
「シケリアと小アジア」

19. キリスト教伝道
「パウロの道とエジプトの道」
20. ビザンティンの世界遺産、
「小アジアとギリシャの
メテオラ、ミストラ」
21. ギリシャのビザンティン世界遺産群
22. キプロス島の世界遺産、「先史、古代ギリシャ、ビザンティン」
23. ブルガリアと
ルーマニア・モルドヴァ地方の
世界遺産
24. イスラーム世界の興隆、
「中東、スペイン、エジプト・カイロ」
25. 古代ペルシャ(現イラン)の世界遺産
26. バチカン法王庁と
カトリック大聖堂
27.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その1
28.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その2
29. ちょっと変わったイスラーム、イランとモロッコ
30. シリア・ヨルダン歴史紀行
31. フランス(ガリア地方)開拓史
「先史巨石文明」から「ローマ帝国」まで
32. フランス中世の
「カトリック大聖堂」と「宮殿・古城」

■古代社会形成史
中国西境から西方世界の主要な古代社会の形成史 (★印はこの講義で扱う重要社会)
紀元前4500年頃 マルタ島巨石神殿文明
紀元前3000年頃 エジプト 紀元前3000年から紀元前300年頃までの古代王朝。
メソポタミア 紀元前3000年頃の「シュメール」。2000年頃から「アッシリア」「バビロニア」。(残りの四大文明のうちインダス文明についてはほとんど詳細不明。黄河文明は中国文明の源)
紀元前2000年頃 ギリシャ・エーゲ海文明 「クレタ島のミノア文明」「小アジアのトロイ文明」。
紀元前1600年代 ギリシャ本土の「ミケーネ文明」
小アジアの「ヒッタイト文明」
紀元前1000年代 中東「フェニキア民族の躍動」と「イスラエル王国」。
紀元前800年 ギリシャ本土、小アジア、南イタリアを中心とした「古代ギリシャ文明社会(古典期ギリシャないし盛期ギリシャ)」の形成。
紀元前300年 ヘレニズム世界(ギリシャ風、ギリシャ主義社会)。ギリシャ世界から中東、中央アジア、エジプトを含む)の形成。
紀元0年 「ローマ帝国の形成」。南・西・東ヨーロッパから中東、北アフリカを含む。
紀元後400年頃 「ビザンティン帝国」。ローマ帝国の西域がゲルマン人によって占拠。残った東域を近代になって「ビザンティン帝国」と命名。
紀元後600年〜
700年
中東にイスラームが勃興し、中東はアラブ・イスラーム帝国を形成。
紀元後800年 現在の西欧・東欧社会が形成され始める。
紀元後1000年 中国以西のアジアから中東の全域で「トルコ」「モンゴル」の民族が躍動。1400年代に中東から小アジア、東欧、エジプトまでを含む「オスマン・トルコ帝国」の形成。

▲ページのトップへ