1.世界遺産にみる地中海域の古代・中世社会 - 1. 「マルタ島」の先史巨石神殿群 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

1.世界遺産にみる地中海域の古代・中世社会バー
HOME
INDEX
1. 「マルタ島」の
先史巨石神殿群
2. エジプト・
世界遺産ピラミッド群
3. クレタ島「ミノア文明」と「クノッソス」等
4. 「アトランティス大陸伝説」の「テラ(サントリーニ)島」
5. 小アジア「ヒッタイト文明」と「ハットゥシャシュ」
6. 小アジア「トロイ文明」
7. 古代ギリシャ、「ミケーネ文明」
8. 古代ギリシャ、アテナイの「アクロポリスとパルテノン」
9. アテナイ、「アクロポリスを巡る遺構」
10. 古代ギリシャの世界遺産群
11. 古代ギリシャ、オリンピアなど四大競技会
12. 古代ギリシャ彫刻史
13. 南イタリアとシケリア島のギリシャ遺跡
14. アレクサンドロス大王とヘレニズム世界
15. ローマ帝国、世界遺産「ローマとポンペイ」
16. 南フランスと小アジアのローマ遺跡
17. 中東のローマ遺跡、世界遺産「パルミラ、ペトラ、イエルサレム」
18. ローマのモザイク群、「シケリアと小アジア」
19. キリスト教伝道「パウロの道とエジプトの道」
20. ビザンティンの世界遺産、「小アジアとギリシャのメテオラ、ミストラ」
21. ギリシャのビザンティン世界遺産群
22. キプロス島の世界遺産、「先史、古代ギリシャ、ビザンティン」
23. ブルガリアとルーマニア・モルドヴァ地方の世界遺産
24. イスラーム世界の興隆、「中東、スペイン、エジプト・カイロ」
25. 古代ペルシャ(現イラン)の世界遺産
26. バチカン法王庁と
カトリック大聖堂
27.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その1
28.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その2
29.ちょっと変わったイスラーム、イランとモロッコ
30. シリア・ヨルダン歴史紀行
31. フランス(ガリア地方)開拓史
「先史巨石文明」から「ローマ帝国」まで
32. フランス中世の
「カトリック大聖堂」と「宮殿・古城」

1.

「マルタ島」の先史巨石神殿群

ゴゾ島「ジュガンティーヤ」。 神殿復元模型。 マルタ本島「ハガール・キムとムナイドラ」。 マルタ本島「タルシエン」。 博物館「大地母神群」。 カート・ラッツ。


■マルタ島、世界最古の先史巨石神殿群の文明
マルタ島地図-小 拡大地図を見る>>
イタリア・シシリー島のさらに南、北アフリカ海岸が迫っているところにある三つほどの小島群からなる国。現在「マルタ共和国」としてEU加盟。
先史巨石神殿群「ジュガンティーヤ」「ハガール・キム」「タルシエン」など、関連してヴァレッタ博物館収蔵の「豊穣の女神像」。
人類史上最古と推定される建造物。
紀元前4500年頃から2500年頃まで。
巨石神殿文化の民族・社会・文明は不詳。
 マルタ島での住民の記録(遺物の土器)は紀元前5300年頃まで遡る。民族については不明。紀元前4500年頃から島の各地に分散して3〜40もの巨石神殿が建造されたとされ、集落ごとに作ったと考えられる。重さ60トンにも及ぶ巨石もあり、小集落の小人数でどこからどうやって巨石を切り出し運んで積み上げたのか謎。あるいは、島の住民全部がかかって次から次へと作っていったとしても、しかしそれは何のためか。とにかく現実に存在しているのだから「答え」は必ずあるはず。
 他方で、その神殿の主体と見られる「豊壌の女神像」も発掘。それを持っていたこの巨石文化社会は、紀元前4500年頃から始まり2500年頃に途絶え、その後マルタ島は500年に渡って人間の住んだ形跡がないとされ、これも謎。
 現在の「マルタ」という名前は、「中東セム族の一派フェニキア」の言語で、良港を意味する「マレト」という言葉が語源かと推定。「マルタ語」もフェニキア系言語と推定。フェニキア人が北アフリカに展開していた紀元前8〜700年頃に移住かと推定。
 人類の文化史は結局のところ「神域、神殿、寺院、教会、およびその祭りや習俗、生活習慣」ということになる。これは日本の場合も同様で、日本文化とは結局「神社、仏閣、仏像や仏教美術・演劇、および祭りや習俗」となっている。
 この人類文化史のもっともはじめのものを、このマルタ島の先史巨石神殿にみることができる。神殿見学は、その人類の原初の神への思いを確認しながら、見所としては、写真で示してあるようにここの神殿の特徴である「三つ葉型」の意味を考えながらみていくとよい。現場に行くのが一番だが、次善の策として写真で追ってみるのがいい。
(外国語の日本語表記は厄介で、さまざまの表記法がある。ここではとりあえずの表記とする。
01 第六市の城壁前にて
【01 マルタの巨石神殿】
マルタ島は、イタリア・シシリー島の南方海上に浮かびアフリカ大陸にも近い。現在は独立国「マルタ共和国」で、最近EUにも加盟。ここに「先史巨石神殿群」があり世界遺産に指定。神殿の初期形態まで遡っていくと、もっとも古くは紀元前4500年頃まで遡ってしまうかもしれないと推定。エジプトのピラミッドより2000くらい古い世界最古の「建造物」となる。
02 ジュガンティーヤ
【02 ジュガンティーヤ】
マルタ島には紀元前5000年くらいには集落が形成され、やがてその民族が神殿を建造していったと推定。その建造民族については、シチリア島からの渡来民説もあるが、ほとんど不明。島の各地に分散して2〜30もの神殿があったと推測され、集落ごとに作ったらしい。重さ数十トンにも及ぶ巨石まで見つかっており、どうやって石を切り出しどうやって建造したのか謎。
03 ジユガンティーヤ
【03 ジユガンティーヤ】
この巨石文化はおそらく紀元前4000〜3600年頃から始まり、2500年頃に途絶え、その後マルタ島は500年に渡って人間の住んだ形跡がないとされる。これも謎。神殿として世界遺産に数えられているのは六つで、「ゴゾ島」の「ジュガンティーヤ」が一番有名。ついではマルタ本島の「タルシーン」「ハガール・キム」「ムナイドラ」「タ・ハグラット」「スコルバ」がそれになる。
04 巨石神殿の復元模型
【04 巨石神殿の復元模型】
巨石神殿の初期形態は「三つ葉のクローバ型の部屋」一個であったと考えられ、それに時代と共に部屋が増加されていって複雑な形になっていった。この「三つ葉型」という建造物は地中海世界に他に類例がなく、ここだけで単独に開発され、他に影響することなく歴史の中に埋没していったと考えられる。「三つ葉型」の意味については推測でしかないが「女性」をイメージする説もある。
05 ジュガンティーヤ
【05 ジュガンティーヤ】
世界遺産指定の六つは原型がほぼ現存し、その代表的なものがゴゾ島の「ジュガンティーヤ」となる。初期のもので紀元前3600年くらいかと推定。伝説では、巨人女性が石を運んで神殿を造り、彼女が死んだ時島民は彼女を祭ってその神殿を「巨人」と呼び、それを後世のギリシャ人も受け継いで「ギガンテス」と呼び、ここから「ジュガンティーヤ」の呼び名ができたとされる。
06 ジュガンティーヤ
【06 ジュガンティーヤ】
ここは初期のものなので石を積み上げただけという建造法。内部は二つの神殿の複合型となっていて南側(案内板では左側)の五つ部屋の神殿の方が古く、ここも最初は奥の三つ葉だけだったのが後に手前に半円形の部屋が付け加えられ、そしてさらに3000年頃に北側(右側)の神殿が付設されたとされる。屋根は茅葺きか木造と推定。
07 「ハガール・キム」と「ムナイドラ」
【07 「ハガール・キム」と「ムナイドラ」】
神殿は単独の場合もあれば、近くに2〜3作られていることもある。マルタ島本島の「ハガール・キム」と「ムナイドラ」は近くに並んでいる。この二つは海辺にあるのだが、神殿は海辺ときまったものではなく内陸部にもあり、地形は関係なさそうである。春に行くと綺麗な野草に埋もれている。
08 「ハガール・キム」と「ムナイドラ」
【08 「ハガール・キム」と「ムナイドラ」】
神殿群の中でも後代の「ハガール・キム」は石と石の間がぴったり接合するように細工され装飾模様も施されて立派な建築物となる。
09 「ハガール・キム」と「ムナイドラ」
【09 「ハガール・キム」と「ムナイドラ」】
ここは柱のように巨石が並び、正面から右に回ったところに長さ6メートル幅3メートル厚さ60センチという巨石があり、これが数十トンにおよぶ最大の石になる。この柱状の石に関してその意味が云々されるのだが、一説では「男根崇拝」という説もある。この神殿の形が「女体」をイメージしているのだとすると、その説もうなずけるところがある。
10 復元模型
【10 復元模型】
再び復元模型をみているが、いずれにせよ「三つ葉」の積み重ねとなっていることが分かる。このように三つ葉にこだわる理由の本当のところは不明だが、古代の神信仰は「繁殖・生産」の祈願であったことは世界的に普遍とされるので、この形が(他の地方には見られないとしても)豊穣の女性像をイメージしているとの説明は分かり易い。
11 ハガール・キムの内部
【11 ハガール・キムの内部】
神殿の内部構造についてだが、この神殿はもっとも複雑になっているものの一つで他のものより多くの部屋を持っている。しかし、分からないのが部屋と部屋を結ぶ通路が「窓」状になっていることで、こんな手間を掛けないでも通路の設置は簡単に作れる。「窓」にしてあることに何らかの意味を見ていたのだろうが理由は不明。
12 ハガール・キムの内部
【12 ハガール・キムの内部】
綺麗に切石を並べて半円形の部屋にしているわけだが、いかにも聖域といった感じがする。
この時代あたりになると確実に人々の神殿建築の考え方が確立していたのかと思われる。
13 タルシエン
【13 タルシエン】
タルシエンは、マルタ全島の神殿の中でもっとも規模が大きく細工も細やかなので恐らく中心神殿であったろうと考えられている。ここは紀元前3800年から3000年にまで遡ろうかという最古の三つの神殿が崩壊した後、その脇に現在に残る神殿が造られたようであるが、これも三つの神殿の複合神殿となっている。
14 建造方法
【14 建造方法】
ここから丸い石が発掘されたことから、案内の図のように、丸い石の上に板を置いて引っ張ったのではないかという推定がある。しかし石の大きさも形状も異なり、第一完全な球でもないので、全ての石が同じ方向にコロコロ転がってくれるとは言えず、こんな具合に行かないであろう。
15 タルシエン神殿内部
【15 タルシエン神殿内部】
この神殿の内部は、意図が明確にされて建造されているようで、この部分の確実な使用目的は不明にしても、祭壇の様相は見て取れる。
16 神殿内部
【16 神殿内部】
このタルシエンでも「窓」状の通路があった。しかも扉と推定されるものを止める穴まであいている。つまり確実に一つの意図で建造されているわけで、現在の我々には不明だが、窓状にする意味があったと思われる。
17 神殿内部
【17 神殿内部】
祭壇とおぼしきものに浮き彫りが観察される。紀元前3000年以降のものだが、しかしそれにしても相当にしっかりした意図に基づいて神殿内部が形成されていたことが理解できる。
18 神殿内部
【18 神殿内部】
興味深いのが、ここから「人間の下半身の像」が発掘されていることで、上半身が欠けているため男性か女性かはっきりしないのだが、女性とすると「豊穣」を表す大地母神と考えられ、実際これに類した像がこのマルタ島でたくさん発掘されている。
19 タルシエンの皿
【19 タルシエンの皿】
ここからは写真に見られるような「皿」も出てきているのだが、用途の本当のところは分からないにせよ、何らかの神事に使われたものであることは言えそうで、多分供物を入れるための皿だったのかとも思われる。
20 内部の祭壇の浮き彫り彫刻
【20 内部の祭壇の浮き彫り彫刻】
このタルシエンは浮き彫り彫刻がたくさん見られる。紀元前3000年以降のものだが、その美的センスや彫刻技術は相当のものがある。何せ「金属」はまだ無かった筈だから硬い石の彫刻刀で削ったのだろう。
21 動物の浮き彫り
【21 動物の浮き彫り】
博物館に収蔵されているものだが、動物の浮き彫り彫刻である。これは当時のマルタに生息していた山羊の群れなのであろうか。宗教的な意味があるとすれば「豊穣の祈り」であろう。
22 動物の浮き彫り
【22 動物の浮き彫り】
同じく動物の浮き彫りであるが、山羊と豚と羊と見える。これらは通常「犠牲獣」とされる動物なので、そうした意味があるのかも知れない。
23 横たわる大地母神
【23 横たわる大地母神】
太古の昔は世界的に「大地母神信仰」であった。それは当然「豊穣の祈り」を表しており、穀物や木の実、獲物をもたらす「生産の大地」と「子を産む母」とがダブらされて、「大地」が「母神」とされて、豊穣すなわち豊満な女性像がシンボルとされたものである。この像は小さなものなのだが、横たわっている姿で表され、これは珍しい図象表現である。
24 大地母神
【24 大地母神】
一般に「大地母神」はこうした形態を持っていることが世界的に共通している。特に下半身が大きく描かれる。
25 大地母神
【25 大地母神】
この二つの像も世界的に共通した大地母神の表現で、左は下半身のみを強調したもので、右は「乳房」を強調したものである。
26 大地母神群
【26 大地母神群】
マルタではこうした「大地母神」がたくさん発掘されており、これと神殿とを関連させると神殿も「大地母神信仰の神殿」と言えるわけである。
27 轍(わだち・カート・ラッツ)の跡
【27 轍(わだち・カート・ラッツ)の跡】
もう一つのこのマルタ島での「謎」は「わだち」の跡である。つまり紀元前2000年頃になって恐らくシチリア島や南イタリア、あるいは北アフリカかもしれないが人類が渡ってきている。この時代のものとなるので巨石神殿とは関わりがないことになる。全島の至る所の石灰岩の岩盤に多数の溝が彫り込まれている。溝の幅は約30センチほどで深さは時に70センチを越える。
28 轍(轍・カート・ラッツ)の跡
【28 轍(轍・カート・ラッツ)の跡】
これは、昔集落があったと推定されている所が特に多く、平行の組となっているので車かあるいはそりの「わだち」の跡と考えられている。そのためこれは「カート・ラッツ」と呼ばれている。これは海の方に向かっているので海産物を運んだのだろうと推定されるが、岩にこんな深い「わだち」が無数に引かれるとは謎である。中には断崖絶壁の突端にまで引かれていて、謎だらけ。
▲ページのトップへ