1.世界遺産にみる地中海域の古代・中世社会 - 2. エジプト・世界遺産ピラミッド群 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

1.世界遺産にみる地中海域の古代・中世社会バー
HOME
INDEX
1. 「マルタ島」の
先史巨石神殿群
2. エジプト・
世界遺産ピラミッド群
3. クレタ島「ミノア文明」と「クノッソス」等
4. 「アトランティス大陸伝説」の「テラ(サントリーニ)島」
5. 小アジア「ヒッタイト文明」と「ハットゥシャシュ」
6. 小アジア「トロイ文明」
7. 古代ギリシャ、「ミケーネ文明」
8. 古代ギリシャ、アテナイの「アクロポリスとパルテノン」
9. アテナイ、「アクロポリスを巡る遺構」
10. 古代ギリシャの世界遺産群
11. 古代ギリシャ、オリンピアなど四大競技会
12. 古代ギリシャ彫刻史
13. 南イタリアとシケリア島のギリシャ遺跡
14. アレクサンドロス大王とヘレニズム世界
15. ローマ帝国、世界遺産「ローマとポンペイ」
16. 南フランスと小アジアのローマ遺跡
17. 中東のローマ遺跡、世界遺産「パルミラ、ペトラ、イエルサレム」
18. ローマのモザイク群、「シケリアと小アジア」
19. キリスト教伝道「パウロの道とエジプトの道」
20. ビザンティンの世界遺産、「小アジアとギリシャのメテオラ、ミストラ」
21. ギリシャのビザンティン世界遺産群
22. キプロス島の世界遺産、「先史、古代ギリシャ、ビザンティン」
23. ブルガリアとルーマニア・モルドヴァ地方の世界遺産
24. イスラーム世界の興隆、「中東、スペイン、エジプト・カイロ」
25. 古代ペルシャ(現イラン)の世界遺産
26. バチカン法王庁と
カトリック大聖堂
27.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その1
28.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その2
29.ちょっと変わったイスラーム、イランとモロッコ
30. シリア・ヨルダン歴史紀行
31. フランス(ガリア地方)開拓史
「先史巨石文明」から「ローマ帝国」まで
32. フランス中世の
「カトリック大聖堂」と「宮殿・古城」

2.

エジプト・世界遺産ピラミッド群

ギザの三大ピラミッド。「クフ王のピラミッド」、 カフラ王の「スフィンクス」。 サッカラ「階段ピラミッド」。 ダフシュール「屈折ピラミッド」、「赤のピラミッド」、「黒のピラミッド」。 メイドゥム「崩れピラミッド」。その他。


■文明の発祥地、四大文明の一つ、古代エジプト
エジプト地図-小 拡大地図を見る>>
北アフリカ東領域。ナイル川に沿って展開。
ピラミッド群「ギザ」「サッカラ」「ダハシュール」「メイドゥム」など。
古代文明の代表的社会の建造物。現代科学でも解明されない巨大建造物。
紀元前3000年頃から文明期がはじまる。ピラミッドはその初期の時代。
古代エジプト民族(通称ハム族)。
 古代エジプトは「宗教」を基盤とした「集団社会」を形成し、「神なる王、ファラオ」の支配する「農村集落」的な性格の強い社会を形成。「初期王朝」と呼んでいる紀元前3000年から2700年頃の時代を経て、「メンフィス」(現在の首都カイロの南方)に首都をおいた「古王国」と呼ばれる時代となる。ピラミッドの建造はその時代に属し、紀元前2650〜1750年頃のおよそ900年間にわたるとされ、少なくとも紀元前1500年代になると建造されていないとされる。現在、崩壊したものも含め70近く発見され、未だ未発見のものもたくさんあると推定。
 ピラミッドは従来「王の墓」とされてきたが現在では疑問視。その建造理由・目的は定説なし。建造労働力も不明。現在では「農民の農閑期の失業対策」が主張されるが疑問。理由は、農閑期だけの作業では建造不可能だから。他方、農繁期に農民を使用することも不可能。ヘロドトスは「奴隷説」の他、全国民を動員して3ヶ月交代で働かせ、石運びのための道路造りに10年、積み上げるのに20年、合計30年の説も紹介。真相は不明。
 さらに水平面、角度など数学的正確さの算出法も不明。最大の謎は建造法で、「クフ」の場合およそ250万個になる膨大な数にのぼる石をどう積み上げたのか。一般にはピラミッドの前に「斜路」を作ったと言われるが、この説も疑問。理由は、高くなるほど斜路はすさまじく長く細くなり、巨石を引き上げるに困難で、さらにピラミッドの最上部は足場もなく巨大な石を据え付けられないから。また、内部は複雑に複数の部屋や通路があり、数学もコンピューターもないのにそれらをどう計算して、どう積み上げたのか謎だらけ。
 また、延べ数百万になるはずの労働者を長年に渡って使役したその管理機構も謎。さらに、ピラミッド本体を設計した建築家と、工事システムの形成者と、それを理解して労働者を指揮する各部門での工事指揮者と、さらにそれに従って労働者を具体的に使役する工事人の存在・養成も謎。ピラミッドは存在しているのだから「真実の答えは必ずある」はずなのだが、これらの問題に対して納得できる答えがほとんどないというのが現状。
 ピラミッドは葬祭施設の一つである。では何だったのか? どうやって作ったのか? 分布の意味は? と上記の謎を自分なりに考えながら見るように。
(外国語の日本語表記は厄介で、さまざまの表記法がある。ここではとりあえずの表記とする。)
01 ギザ・クフ王のピラミッド前にて
【01 ギザ・クフ王のピラミッド前にて】
ピラミッドは古代エジプトの象徴的な建造物で、地上に建造された大型タイプのものは紀元前2650年頃から1750年頃までおよそ900年間にわたって建造。現在70程が同定されているが、崩れてしまっているものも多く、実際はもっと多かったと推定。ほとんどがナイル川の西側に建造。従来「王の墓」とされていたが、近年は疑問視されている。用途・目的は未だ不明。
02 ギザの三大ピラミッド
【02 ギザの三大ピラミッド】
「ギザの三大ピラミッド」と呼ばれ、もっとも有名なもの。一番右の小さなものは付属ピラミッドで、その左からはじめて右から「クフ王」「カフラ王」「メンカウラ王」のピラミッドとなる。ギザをはじめ、ピラミッドは大半がナイル川の下流のカイロ近辺、古代の首都メンフィス近くに建造されている。いずれにせよ、専制君主国家の性格を明確に示した建造物。
03 クフ王のピラミッド
【03 クフ王のピラミッド】
「クフのピラミッド」は最大規模を誇る。本来の高さは約146メートル強、底辺の長さは230メートル強。正確に東西南北を向き、完全水平の基盤の上に建造。使用された石材は膨大な数に上り、90センチ平方で2.5トンほどの石を中心に総数230〜250万個に及ぶと推定。頂上の石は消失しているが、御影石で重さ40トンと推定。
04 クフ王のピラミッド北面
【04 クフ王のピラミッド北面】
クフのピラミッド北面の底辺。現在は階段状になっているが、建造当時は「つめ石」によって平らにし、さらに漆喰状のものによってならし、滑らかな表面にして真っ白に化粧してあった。内部は複雑で、複数の部屋や通路などがあり、どのようにそれらの部屋や通路を作りながら石を積んでいったのか? 建造法にかかわる考古学者の諸説も疑問だらけで、説得的な説は一つもない。
05 クフ王のピラミッド、北面の入り口
【05 クフ王のピラミッド、北面の入り口】
北面のピラミッド入り口に注目。上部の扉状のものが本来の出入り口。頂上からの真っ直ぐな線から、はずれて作られている。建造当時は石によって隠されて外からは全くわからないようにされていた。その下の、人がたむろしているところが現在の入り口で、これは盗掘者の開けた穴であったが、たまたま本来の入り口の真下に当たり、本来の通路にぶつかった。
06 太陽の船の遺構
【06 太陽の船の遺構】
東面の手前にひろい穴(ピット)が見られる。南面にも二つ穴があり、南面からは「船」が発見されていて(一つは未発掘)、そこは現在博物館になっている。その船は、通常「太陽の船」と呼ばれており、葬祭・再生にかかわったものとされる。しかし、そうだとしたらすべてのピラミッドに存在しなければならない筈なのに、ここにしか発見されていないのは不可解。
07 太陽の船の遺構
【07 太陽の船の遺構】
東面の「穴の形状」を示している。太陽の船は「昼夜の船、二対」だけで良いので南面の二つがそれに相当するとして、この東面の穴は良く分からない。「葬儀用の船」が収められていたのかとも推定。
08 スフィンクスとクフおよびカフラー王のピラミッド
【08 スフィンクスとクフおよびカフラー王のピラミッド】
真ん中にスフィンクスがおり、右がクフ王、左がカフラ王のピラミッド。スフィンクスはカフラ王のピラミッドに付設されるような格好になっていて、その河岸神殿の脇に位置している。
09 スフィンクスとカフラー王のピラミッド
【09 スフィンクスとカフラー王のピラミッド】
正面からスフィンクスとカフラ王のピラミッドをみている。こんな具合にスフィンクスを付設しているようなピラミッドは他にない。ということは、スフィンクスはピラミッドというものそのものに必須のものではないということであり、それでは何故このカフラ王のものだけがスフィンクスを持っているのか謎となる。
10 スフィンクス
【10 スフィンクス】
スフィンクス自体が良く分かっていない。何時、誰が、どうして、何のために建造したのか詳しいことはほとんど分かっていない。王族を表す「ネメス頭巾」をつけた顔立ちをもっているなど「王権」に関係しているらしいと言われている程度であり、それがカフラ王のピラミッドだけに付設されている理由も分かっていない。建造は、一つの岩盤を彫り込んで作成している。
11 スフィンクスの頭部
【11 スフィンクスの頭部】
スフィンクスの顔だが、大分崩れている。自然的な崩壊だけではなく、ナポレオンの軍隊が銃の標的にしたとも言われる。とにかく、本来は顔の下あごに長い髭状のものが付いていたのだがそれもなくなり、そのためこの顔の支えが失われる格好となって重心が前に掛かって、このままでは崩壊してしまうと言われその補修が大問題になっている。
12 カフラー王のピラミッド
【12 カフラー王のピラミッド】
カフラ王のピラミッドの頂上部であるが、漆喰で表面を塗って滑らかにしていた元の状態が上部だけに観察される。
13 カフラー王のピラミッドの河岸神殿
【13 カフラー王のピラミッドの河岸神殿】
ピラミッドは単体で存在していたのではなく、葬祭にかかわるさまざまの施設を伴った「複合神殿」の一施設であった。これは河岸神殿と呼ばれて、ピラミッドを含む葬祭施設の入り口に当たる河岸に作られていた神殿跡となる。
14 カフラー王のピラミッド参道
【14 カフラー王のピラミッド参道】
カフラ王の河岸神殿からピラミッドに伸びている参道であるが、通常の参道はピラミッドの底辺から直角に引かれる。しかしここだけが、南側にずれて引かれている。不自然だが理由は不明。一説では、先にスフィンクスが存在していて、それにピラミッドを合わせようとしたのだが地盤の関係でずれたとも言われる。
15 サッカラの階段ピラミッド
【15 サッカラの階段ピラミッド】
ピラミッドは始めから全てが直線的な四角錐のものとして建造されたわけではなく、一番はじめはこの「階段状」のピラミッドであった。紀元前2650年頃、ギザより少し上流でメンフィスに近いサッカラに建造された最古のピラミッドで「ジェセル王のピラミッド」である。
16 サッカラの階段ピラミッド
【16 サッカラの階段ピラミッド】
ジェセル王の階段ピラミッドは、旧来の板状の墓塚である「マスタバ墓」を積み重ねたものとされ、下部は140×118メートルの台形をしている。高さは60メートルほど。
17 サッカラ・ピラミッド聖域の入り口
【17 サッカラ・ピラミッド聖域の入り口】
ジェセル王のピラミッドはさまざまの葬祭施設を伴った「複合神殿」の一施設であり、全体が壁で囲まれていた。これはその入り口にあたり、内部から撮影したもの。
18 ダフシュール・屈折ピラミッド
【18 ダハシュール・屈折ピラミッド】
傾斜角が途中で折れ曲がっているため「屈折ピラミッド」と呼ばれる。サッカラからさらに上流の「ダハシュール」にある。「スネフェル王のピラミッド」とされるが、スネフェル王のピラミッドは合計四つあるとされていて、何のために一人の王が四つも建造したのか、また、一代で四つも建造できた技術者集団の調達や労働力の確保、費用など分からないことだらけ。
19 屈折ピラミッド
【19 屈折ピラミッド】
傾斜角の変更については諸説紛々でよく分かっていない。下部は52度、上部は43度と変更された。理由として、当初計画の傾斜角が急過ぎて建造できないという物理的理由、王によって傾斜角に違いがあり、先王のものをスネフェル王が引き継いだとき「自分の傾斜角」に変更した、などの諸説があるが本当のところは不明。
20 屈折ピラミッド
【20 屈折ピラミッド】
この屈折ピラミッドは本来の「化粧表面」が良く残っている。一辺が184メートル、高さ105メートル。
11 スフィンクスの頭部
【21 ダハシュール・赤のピラミッド】
通称「赤のピラミッド」と呼ばれ、スネフェル王の四つのピラミッドのうちの一つで、屈折ピラミッドと同じく「ダハシュール」にある。見た目が赤っぽいのでこの名前がある。なお、スネフェル王のピラミッドは他にメイドゥムの「崩れピラミッド」と、小さなものだが「サイラのピラミッド」が数えられている。
12 カフラー王のピラミッド
【22 赤のピラミッド北面の入り口】
傾斜角は先の屈折ピラミッドの変更された上部の傾斜角と同じで緩やかな傾斜角をもつ。完全に二等辺三角形の形をもった四角錐のピラミッドの最古のものとなる。このタイプのものを「真正ピラミッド」と呼ぶ。
13 カフラー王のピラミッドの河岸神殿
【23 ダハシュール崩れた黒のピラミッド】
通称「黒のピラミッド」と呼ばれ、やはり「ダハシュール」にある。ダハシュールにはこのように崩れてしまったものを含め六つがあるとされる。
14 カフラー王のピラミッド参道
【24 メイドゥムの崩れピラミッド】
通称「崩れピラミッド」と呼ばれ、ダハシュールのさらに上流の「メイドゥム」にある。建造主は、フニ王が着手し、その息子のスネフェル王によって完成されたのか、と考えられている。このピラミッドは、現在眼にする台形状のものが始めに建造され、後からその回りに石を積んでピラミッドにしたらしく、その回りの部分が滑落してしまった。
15 サッカラの階段ピラミッド
【25 崩れピラミッド入り口】
これで見る限り、ピラミッドの建造法は始めに中央部分が建造されて後で回りに石をつんで真正ピラミッドにしたのかと考えられる。そして、このピラミッドが真正ピラミッドの最初のものかと推定されている。しかし、もしこれが建造方法なのだとすると、どのピラミッドもこのピラミッドのように崩れてもおかしくはない。しかし実際はそうはなっていないので不可解。
16 サッカラの階段ピラミッド
【26 崩れピラミッド河岸神殿跡】
このピラミッドも複合葬祭施設の一つであり、河岸神殿をもっていた。参道を辿って河岸神殿があったと思われる昔の河のあたりを見ているが、発掘すると水が出てきてしまい、発掘が困難となっている。
17 サッカラ・ピラミッド聖域の入り口
【27 サッカラ・ティティ王のピラミッド】
サッカラに戻ると、たくさんのピラミッドの痕跡を辿れる。ここには最初の「階段ピラミッド」を含め、およそ15程のピラミッドが同定されている。これは「ティティ王のピラミッド」の残骸であるが、玄室にピラミッド・テキストが発見された。ピラミッド・テキストの多くがサッカラのピラミッド群から発見されている。
18 ダフシュール・屈折ピラミッド
【28 サッカラ・ウナス王のピラミッド】
同じくサッカラにある、「ウナス王のピラミッド」も崩れているが、ここから最古のピラミッド・テキストが発見されていることで有名。ピラミッド・テキストというのは、神々への讃歌や王の偉業などを記したヒエログリフをいう。
19 屈折ピラミッド
【29 アブン・セールのピラミッド群】
サッカラから少し下流にある「アブー・セールのピラミッド群」を見ることができる。ここには通常の観光バスは行かないが、タクシーなどを使い観光に訪れることも可能。
20 屈折ピラミッド
【30 町から見たギザのピラミッド】
本来、沙漠にあった筈のピラミッドだが、今ではこうして都市の隣に位置しているような格好になってしまった。都市化の波はピラミッドはじめ多くの古代遺跡に悪影響を及ぼしている。保存について本腰を入れて行かなければならない。
▲ページのトップへ