世界遺産に見る古代社会の性格バー
HOME
INDEX
1. 「マルタ島」の
先史巨石神殿群
2. エジプト・
世界遺産ピラミッド群
3. クレタ島「ミノア文明」と「クノッソス」等
4. 「アトランティス大陸伝説」の「テラ(サントリーニ)島」
5. 小アジア「ヒッタイト文明」と「ハットゥシャシュ」
6. 小アジア「トロイ文明」
7. 古代ギリシャ、「ミケーネ文明」
8. 古代ギリシャ、アテナイの「アクロポリスとパルテノン」
9. アテナイ、「アクロポリスを巡る遺構」
10. 古代ギリシャの世界遺産群
11. 古代ギリシャ、オリンピアなど四大競技会
12. 古代ギリシャ彫刻史
13. 南イタリアとシケリア島のギリシャ遺跡
14. アレクサンドロス大王とヘレニズム世界
15. ローマ帝国、世界遺産「ローマとポンペイ」
16. 南フランスと小アジアのローマ遺跡
17. 中東のローマ遺跡、世界遺産「パルミラ、ペトラ、イエルサレム」
18. ローマのモザイク群、「シケリアと小アジア」
19. キリスト教伝道「パウロの道とエジプトの道」
20. ビザンティンの世界遺産、「小アジアとギリシャのメテオラ、ミストラ」
21. ギリシャのビザンティン世界遺産群
22. キプロス島の世界遺産、「先史、古代ギリシャ、ビザンティン」
23. ブルガリアとルーマニア・モルドヴァ地方の世界遺産
24. イスラーム世界の興隆、「中東、スペイン、エジプト・カイロ」
25. 古代ペルシャ(現イラン)の世界遺産
26. バチカン法王庁と
カトリック大聖堂
27.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その1
28.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その2
29.ちょっと変わったイスラーム、イランとモロッコ
30. シリア・ヨルダン歴史紀行
31. フランス(ガリア地方)開拓史
「先史巨石文明」から「ローマ帝国」まで
32. フランス中世の
「カトリック大聖堂」と「宮殿・古城」

22.

キプロス島の世界遺産、「先史、古代ギリシャ、ビザンティン」

「美神アフロディテ生誕の海岸と神殿遺構」。「クリオンのアポロン神殿と遺跡(未登録)」。「アマサスの遺跡(未登録)」。「キティオンの遺跡(未登録)」。「世界遺産パフォスの遺跡とローマ・モザイク」。 「トロードス地方の世界遺産ビザンティン教会群」。 「世界遺産先史住居跡のヒロキィティア」


■キプロスの世界遺産
小アジアのトロイ文明地図-小 拡大地図を見る>>
トルコ南方海上の大きな島。
「先史ヒロキィティアの家屋群」「パフォスのギリシャ・ローマ遺跡」「トロードスのビザンティン教会群」
中東に近い島キプロスに展開した、1.「先史時代の独特の家屋群」。2.「ギリシャ・ローマのモザイクの代表的なもの」。3.「村の教会としてのビザンティン教会群」の代表的なものとなる。
1.紀元前7000。2.紀元前後。3.紀元後1000年代の中期ビザンティン。
1.先史時代は不明。2.後に古代ギリシャ人。3.中世はビザンティン・ギリシャ人。
 キプロス島は、現在は「独立国」となっているが、古代の昔はギリシャの女神「アフロディテの生誕の島」として知られているように「古代ギリシャの島」という印象が強い。
 今日この島の歴史で重要な遺構を持つのは、新石器時代の紀元前7000年に遡る住居跡からで、これは「ヒロキィティアの遺跡」として「ユネスコ世界遺産」となっている。
 しかし一般に知られるようになったのは言うまでもなく「女神アフロディテの島」とされていた古代ギリシャ時代の紀元前1400年くらいからで、その時代は「ミケーネ文明期」となる。そしてその時代の遺構も今日まで重要遺跡として残っている。女神アフロディテを祭っていた神殿遺構のあるパライ・パフォスなどが代表的なものである。
 その後の歴史は「フェニキア人の台頭」「ペルシャ支配」を経て、アレクサンドロス大王によって再びギリシャ人の手に戻され、エジプトにあったギリシャ人の王朝「プトレマイオス朝」がここを支配している。
 そして紀元頃に「ローマ帝政」の支配時代となり、そしてキリスト教が伝来することになる。そのローマは紀元後400年頃に東西に統治機構を分けたところで西の領域がゲルマン人に占拠されてしまう。キプロスは東の正統なローマ帝国(首都コンスタンティノポリスを保持していた政権)の領域に残った。この帝国を一般に「ビザンティン帝国」と呼ぶ。この時代にキプロスには多くのビザンティン式の教会が建設されており、その代表的な集落である「トロードス地方」が世界遺産に指定されることになった。
 三つの世界遺産はそれぞれ意味がある。自分の興味に従って視点を合わせれば良い。考古学的には「ヒロキティア」となるが、ギリシャ神話に題材を持つローマ・モザイクなら「パフォス」、そしてビザンティン文化ならトロードスとなる。個人的には、トロードスの田舎に集落ごとに作られている教会群に心が引かれる。ここに生きて、今も生きている人々の息吹があるからである。
(外国語の日本語表記は厄介で、さまざまの表記法がある。ここではとりあえずの表記とする。
01 アフロディテの海岸にて
【01 アフロディテの海岸にて】
ここは、先ず古代ギリシャの「美の女神アフロディテの生誕の地」として紹介しないわけにはいかない。女神アフロディテは別名をキプロス島にちなんで「キュプリア」という。この女神は「アフロディテ」として古代ギリシャの神体系の中に収まっているが、もともとはキプロスの原住民の大地母神(豊穣の神)が、ギリシャ民族の台頭に伴いその神体系の中に融合・同化されたと考えられる。
02 ペトラ・トゥ・ロミウ(ロミウの岩)
【02 ペトラ・トゥ・ロミウ(ロミウの岩)】
ヘシオドスの伝える神話によると、女神アフロディテは原初の神である「天のウラノス」がその息子「クロノス」によってその男根を切り取られ、それが海に投げ捨てられて漂ううちに、その男根の周りに泡が沸き立ちその中から生まれ、波に運ばれこのキプロスの海岸に至ってそこに上陸したと語られている。その海岸が「ペトラ・トゥ・ロミウ」という岩がちの海岸に想定されている。
03 古パフォスの「アフロディテ神殿」
【03 古パフォスの「アフロディテ神殿」】
世界遺産「パフォス」の一部となるが、古パフォスに紀元前1200年代頃ギリシャ人の入植に伴いアフロディテの祭儀場が創設。その後代の神殿の遺構や柱頭の破片等が残っている。崇拝対象である女神像は「人体像」ではなく「黒石」が安置されていた(博物館収蔵)。古代にあっては「自然石」が「神」を表現することは世界中に観察され、太古の自然的豊穣の神を意味する。
04 クリオンのアポロン神殿(未指定)
【04 クリオンのアポロン神殿(未指定)】
世界遺産ではないがクリオンというところに「アポロン神殿」がある。伝承では、本尊が本土とは異なり「像」ではなく、アフロディテがそうであったように「石」が安置されていたとされる。そうだとするとこの神域は太古の「土地神」の聖域であり、それがギリシャ人の到来にともなって「神アポロン」と融合・同化されたと考えられる。つまりアフロディテと同じ次元のものであったらしい。
05 クリオンの劇場
【05 クリオンの劇場】
クリオンの町は、紀元前1300〜1200年代にかけてギリシャ本土のミケーネ文明の中心地であったアルゴスからの移民によって建設された。従ってギリシャ人の入植は時代的に相当に早かったことになる。しかし現在ここにはその当時の遺構は何も残っておらず、ローマ時代になってからの遺構として「劇場」が大きく目に付く。これは紀元前100年代の建造。
06 クリオンのローマ浴場
【06 クリオンのローマ浴場】
劇場の隣に「エウストリオスの家」と呼ばれるものがあるが、これは「家」ではなく後300年代の地震の後に作られたローマの公衆浴場の遺構となる。こうした浴場を見れば「ローマ遺構」と断定してかまわない。ここではモザイクくらいが見所となる。
07 アマサスの遺跡(未指定)
【07 アマサスの遺跡(未指定)】
アフロディテに関連づけてここまできてしまったが、アマサスも世界遺産ではない。アマサスは古代都市遺跡で現在も発掘が続けられており古代ギリシャからローマ、キリスト教時代に入ってからの遺構も発掘されている。ここの遺跡には目につく遺物はほとんどないが、ここやクリオン、キィティオンなどを巡りながら古代ギリシャ人の活動を偲ぶのが良い。
08 アマサスの遺跡
【08 アマサスの遺跡】
アマサスはたいした遺跡ではないようなことを言ったが、奇妙に心引かれるものがある。ここに生きていた人々の息吹が感じられるからであろうか。
09 キティオンの遺跡
【09 キティオンの遺跡】
現在のラルナカにある。クリオンと同様、紀元前のミケーネ時代にミケーネ・ギリシャ人によって建設された町で紀元前1200年代のものとなる。その後、紀元前800年代にフェニキア人が到来してここをフェニキア人の町としたが、紀元前312年にその王が殺され町は滅んでいった。現在五つの神殿跡と町の外壁の遺構とが残っている。
10 キティオンの遺跡
【10 キティオンの遺跡】
もともとはギリシャ・ミケーネの町ではあったが、後にフェニキア人支配となって「フェニキア人の遺跡」として重要性を持つ。その遺構の中でも「女神アスタルテ神殿」が注目される。「女神アスタルテ」は紀元前3000年頃オリエント地方に展開していたメソポタミアのシュメール人の女神「豊穣の女神イナンナ」およびそれを引き継いだバビロニアの「イシュタル」のギリシャ呼びである。
11 パフォスの王族の墓
【11 パフォスの王族の墓】
パフォスは古代の町全体が世界遺産となっている。港から三〜四キロほど北にいったところに古代の地下墓所があり、俗称「王族の墓」と言われているが「王家の墓」ではない。紀元前300年代に岩盤をくりぬいて作られ、内部はドリス式のギリシャ柱の列柱を持った中庭があり、広く立派な作りをしているところから「王族の墓」とよばれることになったのだろう。
12 王族の墓
【12 王族の墓】
埋葬穴も100以上ある。ただしいずれにせよ上流階級の墓所であったろう。後にキリスト教時代になってもここが墓所として利用されたことは十字架文様などが残っていることから確実である。またかつて墓室の壁がフレスコ画で彩られていたことは所々に残る彩色の跡から推測される。壁面に環が観察されるがその用途は不明。監獄として使われていた名残ではないかとの説もある。
13 パフォスの「ディオニユソスの館」
【13 パフォスの「ディオニユソスの館」】
港地区に降りてくるとローマ期の「オーデイオン」がある。さらにその先にアゴラ跡があり、その先に「ディオニュソスの館」がある。時代的にはローマ期に入った紀元後100年代のものと考えられている。「ディオニュソスの館」という命名はここのモザイクに古代ギリシャのブドウ酒の神ディオニュソスが描かれていることに由来する。このモザイクの絵柄は「凱旋するディオニュソス」となる。
14 ディオニュソスとアクメ
【14 ディオニュソスとアクメ】
「ディオニュソスにもらったワインを飲むアクメ」がおもしろい。ただ、アクメというのは誰なのかはっきりしない。ギリシャ語としては「最盛期」という意味なので、その「擬人化」なのか、あるいは山野の妖精か、あるいはディオニュソスの祭儀に参加した女性なのか。ディオニュソスの祭儀とは、女だけの祭りで、山野で酒をのみ動物を裂いて喰らい、踊り狂い恍惚のうちに神と合一する祭。
15 イカリオスと酔っぱらい
【15 イカリオスと酔っぱらい】
イカリオスというのは、神ディオニユソスを歓待してお礼に葡萄の木を与えられ、そこから作った酒を隣人たちに振る舞ったところ、酒に酔った隣人たちは毒を飲まされたと思ってイカリオスを殺してしまうという悲劇の主人公。モザイクにはその酔っぱらった隣人も描かれている。
16 ゼウスとガニュメデス
【16 ゼウスとガニュメデス】
神ゼウスがトロイの美少年ガニュメデスを天から見つけて、自ら鷲になってか、あるいは自分の使い鳥の鷲をさしむけたのか、いずれにせよ「ガニュメデス」を浚って天にあげ、神々の宴会での酒の酌をする係にしたという神話に基づくもの。
17 アポロンとダフネ
【17 アポロンとダフネ】
神アポロンが山野の妖精ダフネに恋をして追いかけ、ダフネがテンビ河まで逃げたが追いつかれ、父であるその河の神に願って自分の身を月桂樹に変えてもらい、アポロンが抱きついたときにはダフネの身体は木に変わっていたという神話に基づくもの。
18 ポセイドンとアンピトリテ
【18 ポセイドンとアンピトリテ】
このモザイクには登場人物の名前がないが、左の三つ叉の矛をもっているのは「海の神ポセイドン」と同定できる。真ん中の翼の神はいうまでもなく「愛の神エロス」となる。そうなると右の女性は海の神ポセイドンに恋されて逃げている図となる。ポセイドンの女関係も複数あるが、一番有名なのは結局妻とすることに成功したアンピトリテの物語なので、この図柄もそれだと考えられる。
19 ピュラモスとティスベ
【19 ピュラモスとティスベ】
シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の原型。彼らは隣同士だったが両親の仲が悪く、壁の割れ目を通じて語り合い密かに墓で合う約束をする。ティスベが先に来てライオンを見つけて逃げるが外套をとられ、ライオンは獲物を喰った後で、その外套を血だらけにする。ピュラモスが来てティスベがライオンに喰われたと思い自殺し、戻ってきたティスベもその死骸を見て自害する。
20 テセウスの館の「迷宮」
【20 テセウスの館の「迷宮」】
この館は相当に広い。ローマの属州提督の館であったと考えられる。この館が「テセウスの館」と呼ばれているのはここのモザイクに「テセウスの迷宮でのミノタウロス退治」があるためである。回りの縁は迷宮を表し、中央でテセウスがミノタウロスを退治している。
21 テセウスの館「水に浸けられるアキレウス」
【21 テセウスの館「水に浸けられるアキレウス」】
女神テティスは人間の英雄ペレウスとの間に子供ができたとき、その子を不死にしようと冥界を流れる河の水に浸けた。しかし、かかとの部分をつかんで浸し、見つかってしまったために海に帰ってしまい、かかとの部分だけが水につからず急所になってしまったという。言うまでもなくトロイ戦争の英雄「アキレウス」の物語で、そのかかとが「アキレス腱」として今日まで名前を残す。
22 オルフェウスの館
【22 オルフェウスの館】
ここには岩の上に腰掛けてその音楽で野獣をも魅了している「オルフェウス」が描かれたモザイクがあるためこの名がある。オルフェウスの物語としては、死んだ妻を求めて冥界に下り、連れ戻すことを許されたが後ろを振り返ってはならないとの禁をもう一歩のところで犯してしまい、連れ戻すのに失敗したという物語が良く知られる。
23 野獣を魅了するオルフェウス
【23 野獣を魅了するオルフェウス】
オルフェウスが妻を連れ戻すことを一度は許されたのはその音楽の腕によってであり、その音楽は野獣をも魅了したといい、冥界の王までも魅了してしまったためであった。その野獣を魅了しているオルフェウスが図柄となっている。モザイクとして残存状態も良い。
24 アイオンの館
【24 アイオンの館】
ここには後300年頃のローマ期のモザイクが五面ほど残っている。中央の大きな絵柄はエチオピアの王女カシオペアと海のニンフであるネイレイデスたちの美の饗宴を描いている。中央に審判役としての「アイオン」が座しているためこの館はこれにちなんで「アイオンの館」とよばれることになった。「アイオン」というのは「時や永劫の擬人神」。
25 神ヘルメスに抱かれる赤子の神ディオニユソス
【25 神ヘルメスに抱かれる赤子の神ディオニユソス】
上のモザイクを上下に囲むように四面の小さめのモザイクがあるが、それは「レダと白鳥」「ヘルメスの膝に抱かれる幼子のディオニュソス」「ディオニュソスの勝利の凱旋」「アポロンとマルシアスの音楽合戦」となっている。このモザイクは「赤子のディオニュソスを抱くヘルメス」で、このモチーフはギリシャ・オリンピアのプラクシテレスの彫刻が有名。
26 アポロンとマルシアスの音楽合戦
【26 アポロンとマルシアスの音楽合戦】
マルシアスは山野の精霊(本来はアジア系の神)で「葦笛の発明者」とされるが、ギリシャ神話での物語としては、竪琴の神であるアポロンと音楽合戦をして負け、アポロンの従者たちによって生皮をはがされてしまったという。この図柄では、負けたマルシアスが皮をはがされるべく取り押さえられている姿が哀れである。
27 レダと白鳥
【27 レダと白鳥】
上と同じ位置にあるモザイクで、神ゼウスが白鳥の姿に身を変えてレダを襲い犯してしまうという物語をモチーフとしており、このモチーフは近代まで多くの作家に好まれた。ちなみに、そうして生まれた子どもが双子座の主「カストルとポリュデイケス」となり、またトロイ戦争を巡っての「絶世の美女ヘレネと夫に復讐する修羅の母クリュタイメストラ」となる。
28 トロードスのビザンティン教会群
【28 トロードスのビザンティン教会群】
1000年代以降の中世の教会で、その聖堂の形態は独特で、時に田舎の家や納屋と見間違える。ただし、内部のイコンなどは伝統的な手法を保持している。地方の田舎の教会群として独特の文化を表現していることでユネスコの世界遺産に指定されている。教会は「集落ごと」にあり、ちょうど「村はずれの鎮守様」といった風情となっている。それらは九つ指定されている。
29 イオアニス・ランパディスティス修道院
【29 イオアニス・ランパディスティス修道院】
ここにはかつて修道士がいたが現在は不在。昔この修道院は世俗にも開放されていて、南北に三つの聖堂を持っている。その三つの聖堂は南から「聖イラクリディオス聖堂」「聖イオアニス・ランパディスティス」となり、北側に「ラテン式聖堂」を持っている。
30 パナイア・トゥ・アラカ聖堂
【30 パナイア・トゥ・アラカ聖堂】
木造建築で入り母屋作りの屋根をもっている。建造は1100年代後半と考えられている。玄関廊はさらに後代の増築である。内部のフレスコの壁画は、銘文によると1192年に「レオン」の寄進によるとある。これらは1970年に修復されて鮮やかなブルーが生き返り、そのブルーを基調としたイコンが美しい。
31 パナイア・トゥ・アラカ聖堂
【31 パナイア・トゥ・アラカ聖堂】
聖堂は、外壁にこけらぶきの切り妻の屋根を持つがこれは「さや堂」をかぶっている姿である。したがって外見からは聖堂とは見えず「納屋」といった感じである。これは聖堂を雪などから守るため、早い時期に外壁を延長して切り妻屋根を乗せたところからの外見である。しかし内部に入るとビザンティン様式の素晴らしいフレスコによる壁画に覆われ正教世界独特の雰囲気を作っている。
32 アラカ聖堂内部
【32 アラカ聖堂内部】
聖堂内部の様相が良く観察されるであろう。素朴な造りだが、イエスの事績の重要なものを題材とするいわゆる「十二大祭」が上段に、聖人たちが中段に描かれている。色彩としては、全体的に深い青が基調になっていることが良く観察される。
33 アシヌゥ聖堂
【33 アシヌゥ聖堂】
正式には「パナイア・フォルヴィオティッサ聖堂」といい、トロードス地方でももっとも山奥に位置している。外観はほとんど小さな田舎の家といった風情である。この内部の壁画も時代がさまざまであるが、保存状態は良い。
34 アシヌゥ聖堂内部の壁画
【34 アシヌゥ聖堂内部の壁画】
見られるように非常にきれいに残っている。上段にはイエスの事績にまつわる「十二大祭」の図柄が良く見て取れる。写真では四つ見られるが、上の左は「イエスの生誕」、右は「赤子のイエスの教会詣で」、下の左は「洗礼」、右は「神としての顕現」となる。
35 アシヌウ聖堂内部の壁画「セバステの40人の殉教」
【35 アシヌウ聖堂内部の壁画
「セバステの40人の殉教」】
伝承では、リキニウス帝の時代にキリスト教の取り締まりがあり、40人の兵士がキリスト者であることを公言して転向しなかったため、冬の凍てつくセバステ湖に裸で立たされ殉教していったという。伝承は加えて、この時一人は転向してしまったが、刑の執行に当たっていた者が残りの39人の態度に感動して自ら衣を捨てて殉教に加わり、こうして40人は変わらなかったという。
36 パナイア・ティス・ポディトゥ聖堂
【36 パナイア・ティス・ポディトゥ聖堂】
ガラタ村のこの聖堂は、とりわけ納屋のような外見をしており、知らなければ「教会」とは見えない。大きな切り妻屋根という独特の外見を見せている。田舎の素朴な風情がここの最大の魅力とも言える。
37 ポディトゥの壁画
【37 ポディトゥの壁画】
ここが聖堂だと分かるのは、切り妻の破風部分に壁画が描かれていることである。この図柄はイエスの十字架刑で、その時天地が裂け稲妻が走ったという情景で、人々が驚きあわてている様子が描かれている。左手にはマリアが二人の女性に抱きかかえられている。
38 ニコラオス・ティス・ステギス聖堂
【38 ニコラオス・ティス・ステギス聖堂】
1000年代の建造になると言われ、1100年代に円蓋と切り妻の屋根を乗せた玄関廊が付設された。この名前は「屋根の聖ニコラオス」となるのだが「屋根の」とされているわけは早い時期に外壁が延長されて屋根が乗せられたことに由来している。従って外観は田舎の家と変わらない。
39 トロードス地方の村の風情
【39 トロードス地方の村の風情】
トロードス地方の村はこの写真のように山間にあり、素朴で質素なたたずまいをもっている。紹介した教会群はこの風情に溶け合っている。これがこの地方の教会群巡りでの最大の趣旨となるだろう。教会は「人々のため」のものなのだから。
40 ヒロキィティア
【40 ヒロキィティア】
ラルナカから西へレメソス方面に30キロ行ったところに、紀元前7000年に遡る新石器時代の「住居跡」があり、ユネスコ世界遺産に指定されている。少し内陸に入った場所でなだらかな丘陵になっており、西側は丘になっているが残り三方には川が流れて立地条件は良い。
41 先史時代の住居跡
【41 先史時代の住居跡】
ここに住居を形成して集落を作った人々は多分数百人単位にとどまり、都市に発展してはいない。かといって敵の来襲や気候変動での絶滅の痕跡も観察されないことから再びどこかに移動していったのかと考えられている。
42 先史時代の住居跡
【42 先史時代の住居跡】
この村の住居は、円形に掘り下げた形をしており直径2.3メートルから大きいもので9.2メートルある。
43 住居のレプリカ
【43 住居のレプリカ】
考古学的な調査によってその形が再現されてそのレプリカが現場に作られて展示されている。河床の石を敷き詰め、藁を入れた泥で壁を作り丁寧に塗り上げていることが分かる。墓地もあり葬礼の儀式があったことを伺わせている。
44 ラザロ教会
【44 ラザロ教会】
世界遺産ではないが、キリスト教時代の遺構として「聖ラザロ教会」がある。ラザロは一度死んでイエスに蘇生させられたことで知られ、その後このキプロスにきて伝道したとされる。そして再びこの地で死んでここに葬られ、そこに教会が建てられたというのがこの教会の由来話しとなっている。
45 パウロの柱
【45 パウロの柱】
再びパフォスに戻ってきたが、聖キリアキ教会にパウロが縛られて鞭打たれたとされる柱があり、後にパウロは鞭打ちを命じたローマ提督をキリスト教に改宗させたと記されている。パウロは初めての伝道旅行でキプロスに渡りこのパフォスにきていることは「使徒言行録」に記されている。ただし、その記述では総督は迫害者ではなく、始めからパウロに好意的で耳を傾けようとしている。
▲ページのトップへ