1.世界遺産にみる地中海域の古代・中世社会 - 3. クレタ島「ミノア文明」と「クノッソス」等 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

1.世界遺産にみる地中海域の古代・中世社会バー
HOME
INDEX
1. 「マルタ島」の
先史巨石神殿群
2. エジプト・
世界遺産ピラミッド群
3. クレタ島「ミノア文明」と「クノッソス」等
4. 「アトランティス大陸伝説」の「テラ(サントリーニ)島」
5. 小アジア「ヒッタイト文明」と「ハットゥシャシュ」
6. 小アジア「トロイ文明」
7. 古代ギリシャ、「ミケーネ文明」
8. 古代ギリシャ、アテナイの「アクロポリスとパルテノン」
9. アテナイ、「アクロポリスを巡る遺構」
10. 古代ギリシャの世界遺産群
11. 古代ギリシャ、オリンピアなど四大競技会
12. 古代ギリシャ彫刻史
13. 南イタリアとシケリア島のギリシャ遺跡
14. アレクサンドロス大王とヘレニズム世界
15. ローマ帝国、世界遺産「ローマとポンペイ」
16. 南フランスと小アジアのローマ遺跡
17. 中東のローマ遺跡、世界遺産「パルミラ、ペトラ、イエルサレム」
18. ローマのモザイク群、「シケリアと小アジア」
19. キリスト教伝道「パウロの道とエジプトの道」
20. ビザンティンの世界遺産、「小アジアとギリシャのメテオラ、ミストラ」
21. ギリシャのビザンティン世界遺産群
22. キプロス島の世界遺産、「先史、古代ギリシャ、ビザンティン」
23. ブルガリアとルーマニア・モルドヴァ地方の世界遺産
24. イスラーム世界の興隆、「中東、スペイン、エジプト・カイロ」
25. 古代ペルシャ(現イラン)の世界遺産
26. バチカン法王庁と
カトリック大聖堂
27.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その1
28.エスパーニャ(スペイン)
歴史紀行、その2
29.ちょっと変わったイスラーム、イランとモロッコ
30. シリア・ヨルダン歴史紀行
31. フランス(ガリア地方)開拓史
「先史巨石文明」から「ローマ帝国」まで
32. フランス中世の
「カトリック大聖堂」と「宮殿・古城」

3.

クレタ島「ミノア文明」と「クノッソス」等

(世界遺産未登録)。クノッソスと「迷宮の神話」。 ファイストスの宮殿。 マリアの宮殿。 ザクロスの宮殿。ミノア美術「カマレス陶器、壁画等」。 線文字粘土文書。


■クレタ島・ミノア文明社会
クレタ島地図-小 拡大地図を見る>>
ギリシャ本土南方に横たわる大きな島「クレタ島」。
この文明遺跡は世界最大級の重要遺跡だが、不可解なことに世界遺産指定されていない。ミノア文明の王宮群「クノッソス」「ファイストス」「マリア」「ザクロス」、さらに「イラクリオン博物館収蔵の宝物・遺物」などを紹介。
ヨーロッパ最古の文明。世界最初の海洋交易社会。
紀元前2000年頃から1370年頃まで。
ミノア文明の形成者は不明。線文字Aの使用者。後にギリシャ・ミケーネ人が進出して同居、占拠ないし融合したと推定。このギリシャ人の文字が「線文字B」として解読。
 この文明は、「半牛半人の怪物ミノタウロスと迷宮の神話」、また、空を飛ぶ「ダイダロスとイカロスの神話」でも知られる。この二つの神話は関連している。つまり、クレタの支配者ミノス王が神ポセイドンとの約束を守らずに呪いを受け、その妻から「半牛半人の怪物ミノタウロス」がうまれ、ミノスは困って、クノッソスに、入ったら決して出てくることができない「迷宮」を作ってこのミノタウロスをそこにおいたという。そして支配していたギリシャ・アテナイから少年・少女を餌食として差し出させていたので、アテナイの王子テセウスが乗り込んできて、迷宮の秘密を知っていたミノスの娘アリアドネと恋仲になってミノタウロスを退治し、一緒に出て行ってしまったという。ミノスは、これは迷宮の出方の秘密を知る名工ダイダロスが秘密をばらしたせいということで、ダイダロスとその息子イカロスをこの迷宮にとじこめたのだが、二人は翼を作って飛んで逃げてしまったというわけであった。
 このクレタ島はまた、神ゼウスが「小アジアの王女エウローペ」を略奪、クレタ島に運び王ミノスを生むという神話でも有名で、これは「ヨーロッパ」という言葉の起源となる。これらの神話の背後には、当時のミノア文明のエーゲ海支配、小アジアとの関係、ギリシャ本土・アテナイとの関係、祭政一致社会、王宮社会などのクレタのありかたが反映されている。
 「神話の背景には事実がある」ということを証明したのはシュリーマン(トロイ、ミケーネの項を参照)だが、では上記のここの「神話」の背後には何があったか、と問うてみよう。また、宮殿はなぜ「クノッソス」だけではなくこんなにたくさんあるのだろう、その位置関係は、王宮群は防衛機能を持っていないがなぜなのか、といった疑問はこの社会を考える上で大事な問いとなる。そういう疑問を持ちながら見ていこう。
(外国語の日本語表記は厄介で、さまざまの表記法がある。ここではとりあえずの表記とする。
01 クノッソス、西玄関を背景にして
【01 クノッソス、西玄関を背景にして】
クレタ島はギリシャ本土の南にある大きな島で、紀元前2000年頃から栄えた「ミノア文明」の中心地。「ミノア文明」はヨーロッパ最古の文明であり、壮大な文明でクノッソスはじめ遺跡・遺物も数多く、人類文明史上でも最重要の文明の一つなのだが「ユネスコ世界遺産登録」されていないという不可解な文明遺跡。
02 クノッソス、南から西の玄関を望む
【02 クノッソス、南から西の玄関を望む】
ミノア文明は、現在発掘されているものだけでも四つの「宮殿」といわれる大きな建物を持っているが(さらに発掘中のものもある)、クノッソスのものが最大。中庭を囲むように四辺に建物があり、一辺が160メートルくらい。一度火事で焼失し、紀元前1700年頃に再建された。発掘したのはイギリスのエバンズで1900年のこと。
03 西の玄関
【03 西の玄関】
現在、訪問者は西の玄関から入ることになる。この遺跡は、発掘者である「エバンズ」によって相当に「復元」されており、その復元のあり方について学問的には多くの疑問・問題があるのだが、一般の人々にとっては分かり易い復元遺跡となっている。牛の角のようなモニュメントが観察されるが、クレタと牛は切っても切れない関係にあることは講義で示す。
04 西の倉庫
【04 西の倉庫】
この建物は宮殿としての機能も持つが、むしろ「貿易センター」的な機能を持ち、巨大な倉庫を備えていた。これは現在発掘されている四つの宮殿すべてに言える特徴である。ということは、この四つは「一人の王の宮殿」とは考えられず、むしろ「王族の住居、兼貿易センター」と考えるとつじつまが合う。ミノア文明は「海洋貿易文明」であったからである。
05 西の倉庫
【05 西の倉庫】
この倉庫に置かれている壺は人間の背丈くらいある。重要な輸出品であるオリーブ油やワインなどが貯蔵されていた。もちろん、穀類など日常的に使う食料も貯蔵されていた。
06 中庭から西側遺構
【06 中庭から西側遺構】
中庭の西面は宗教的な施設群であったと考えられている。古代社会においてはほとんどが「祭政一致」のシステムをもっており、ここも例外ではない。この祭礼は「豊穣の祈願」であり「牛」を聖獣としたものであったと考えられている。
07 中庭から西側二階
【07 中庭から西側二階】
二階部分に上る階段を見ているが、この宮殿は丘の斜面の上に建造されており、一部は四階くらいまであったと考えられている。従って部屋の数は相当の数となり、廊下・階段は入り組み、そのためこの建物自体が「迷宮」になっていたと推測されている。そのことが、このクノッソスを巡る半牛半人の怪物ミノタウロスの「迷宮の神話」を生みだしたと考えられる。
08 東南角の内陣の部屋とクレタ様式の柱
【08 東南角の内陣の部屋とクレタ様式の柱】
クレタの建築様式で有名なのが「上部が太く、下部が細い」という柱で、これは後にミケーネ文明に影響を与えていることが判明している。
09 大階段室
【09 大階段室】
この遺跡には幾つかのポイントなる見所があるが、これはその一つで東翼にあり、階段とホールとで構成され「大階段室」と呼ばれる。発掘者エバンズは、発掘によってこの階段が崩れないように「支え」を作りながら掘り進んだ。数層になっている状況が観察される。
10 大階段室
【10 大階段室】
発掘者エバンズは、なくなっていた柱を復元して(従って、ここの柱は多分木造であったのだろう)見られるような姿にした。華麗であったミノア文明を彷彿とさせるような復元となっている。ただしその復元には問題があることも指摘しておいたが、それでもかつての姿を彷彿とさせるイメージと捕らえておけば有意義なものと言える。
11 玉座の間
【11 玉座の間】
もう一つの見所は、西翼にある「玉座の間」となる。玉座と言われているが、王の居室ではなく「宗教儀礼の間」であったと考えられており、西翼はそうした宗教的な施設であったと推定されている。玉座の背後の壁画も推測復元されたものだが、架空の動物「グリフィン」が描かれている。
12 王妃の間
【12 王妃の間】
見所の一つで、東翼の「王妃の間」となる。装いから「王妃の居室」と推定されているものである。隣室には風呂場と推定される部屋もある。壁画は「海の文明」の宮殿らしく、イルカや魚が描かれている。
13 王の間
【13 王の間】
東翼のもっとも東角にしつらえられた部屋であるが、その装いから王の居室と推測されている。「王妃の間」と「王の間」があるように、東翼は居住施設であったと推定される。
14 北玄関
【14 北玄関】
北玄関と呼ばれているが、北は港に向いており、港まで5キロほどとなる。この港はエーゲ海からギリシャ本土に向いており、エーゲ海支配の拠点であったと言える。クノッソス宮殿の北玄関が港に向いているということはこの玄関が主要玄関であったと考えられ、そこを出入りする人々を見張るテラスがしつらえられている。
15 北玄関
【15 北玄関】
北玄関のテラスの壁画だが、これは「牛」として復元され、この宮殿と牛との関連を示している。祭儀において、王が牛のお面を付けて、牛の持つ生産力にあやかる儀礼が執り行われ、それは少年・少女の犠牲を伴うものであったのかも知れず、それが「少年・少女を喰らう、迷宮の半牛・半人の怪物ミノタウロスの神話」のモデルになっていると考えられている。
16 北の劇場風広場
【16 北の劇場風広場】
北の玄関を出たところに劇場風の空間があり、「劇場風広場」と呼ばれている。実際に劇場であったか否かは定かではないが、何らかの儀礼的なものが執り行われていた可能性はある。
17 排水路
【17 排水路】
宮殿にはさまざまの建造物に付随する施設が完備しており、炊事場・作業場・風呂・トイレなどもあって、そこでの使用済みの水の排水する施設も完備していた。もちろん雨水をためて流す排水設備もあった。これはその一部。
18 土管
【18 土管】
金網で保護されている穴の内部に見えるのは「土管」であり、「最古の上下水道」と言える。管の一方を広めに、他方を狭くして土管をつなげていく仕方で長い管を曲線にもできるようにしてある。紀元前2000年にはすでにこうした工夫も為されていた。
19 ファイストスの宮殿を背景にして
【19 ファイストスの宮殿を背景にして】
北海岸にあるクノッソスからほぼ真っ直ぐ南下して海岸近くに「ファイストスの宮殿」遺跡がある。この対岸に北アフリカ・エジプトがあるわけで、その方面との交易が主要な任務であったと考えられる。この宮殿の形状はクノッソスと同様だが少し小さい。王族の一人がここを担っていたと考えられる。
20 ファイストス・イーダー山
【20 ファイストス・イーダー山】
ファイストスの宮殿は「イーダー山」を真っ直ぐ北に背負う形になっている。「イーダー山」はかすかだが牛角の形になっており、ここでも牛との関係を示唆しているのかとも考えられる。この山の頂上近く右手にぽつりと見えるのは洞窟で、ここから多くのミノア文明の遺物が発見されている。聖山であったことが確実と言える。
21 大階段をもった劇場風広場
【21 大階段をもった劇場風広場】
クノッソスの北玄関の脇に見られた「劇場風広場」はこのファイストスにもあり、こちらの方が規模は遙かに大きく、その見事な作りが見所となっている。遺跡入り口に面しており、訪問者はこの広場から見学することになる。
22 倉庫
【22 倉庫】
ここからもたくさんの壺の並んだ倉庫が発掘されており、貿易センターとしての機能の存在を示している。
23 二階への階段
【23 二階への階段】
宮殿内部の階段であり、この宮殿も最低でも二階建てであったことが確認できる。
24 王の間
【24 王の間】
宮殿内部の通称「王の間」と呼ばれているところであるが、内部の部屋の作りの構造が良く観察される。ここでも「クレタ式の柱」の下部が残存している。
25 中庭からイーダー山
【25 中庭からイーダー山】
中庭からイーダー山を見ているが、この宮殿の立地は聖山であるイーダー山を真っ直ぐ北に背負うように計画されていたことが良く分かる。
26 ここから出土したファイストスの円盤
【26 ここから出土したファイストスの円盤】
ファイストスの円盤と呼ばれているもので、クレタ文字が刻まれていると推測されるが未解読。解読にはもっとたくさんのデーターが必要なのだが、同種類のものは発掘されていない。従ってこの円盤の用途も不明。
27 マリアの遺跡・玄関脇のピトス
【27 マリアの遺跡・玄関脇のピトス】
北海岸に戻り、クノッソスから東に40キロ弱のところに位置している。クノッソスと同様エーゲ海に対面しており、エーゲ海方面が重要な活動領域であったことが理解できる。ここにもたくさんの壺やそれを収容していた倉庫が発掘されている。
28 マリア・階段
【28 マリア・階段】
宮殿の規模はクノッソスには劣るがそれでもかなりの大きさを持っていて、基本構造はクノッソスと同様。階段の存在から二階建て以上であったことも理解できる。この階段は大きい。
29 敷石の広場
【29 敷石の広場】
このマリアの遺跡は敷石を持った中庭を保存しており、宮殿の造りの見事さを良く示している。
30 ケルノス(宗教用具か遊び用具)
【30 ケルノス(宗教用具か遊び用具)】
ケルノスと呼ばれているが用途は不明。宗教儀式に使ったか、供物を置く台であったか、あるいはゲーム板であったという説まである。こうした遺物は当時の生活のあり方をイメージさせて貴重なものといえる。
30 倉庫の土台
【31 倉庫の土台】
「穀物のサイロ」といわれるが同種のものは他の宮殿には存在しない。従って本当のところは何であったのか、課題も残っている。
32 こぼれた油を集める工夫
【32 こぼれた油を集める工夫】
倉庫に見られるもので、こぼれた油を集めて無駄にしないように工夫されたもの。この工夫もここに独特で、このマリアの宮殿遺跡は他にない興味ある遺構がいろいろとある。
33 ザクロスの遺跡にて
【33 ザクロスの遺跡にて】
「ザクロス」は、クノッソスからマリアの宮殿を経て、さらに東に行きその東端のところにある宮殿遺跡。東方面のロドス島からキプロス島、さらに中東に対面し、エジプトにも近い。この方面との交易の拠点であったと考えられる。宮殿の造りは他の三つと基本的に変わらない。
34 ザクロスの全景
【34 ザクロスの全景】
この遺跡へのアクセスは悪い。死者の谷と呼ばれる谷間のジグザク道を降りてきたところにある。近辺に村もなく、すぐ脇の海岸に遊びにきた客のための小さな食堂があるだけという遺跡で、観光客も居らず、古代の雰囲気を良く残している。
35 海辺のザクロス宮殿
【35 海辺のザクロス宮殿】
このザクロスの遺跡は海岸に面している。クノッソスやファイストスは海岸から数キロ内陸にあり、津波や海賊などの襲撃に備えていたと考えられるが、ここはそういう備えがない。その理由は地形の問題だったのか、あるいは絶え間ない交易のために便をとったのか、あるいはここは海軍基地であったのか、さまざまに考えられる。
36 中庭
【36 中庭】
中庭から北を見ている。宮殿の作りが他の四つと同じになっていることが観察される。
37 部屋の様相
【37 部屋の様相】
ザクロスの部屋の作りは土台と下部がのこっているためその規模や配置などが良く観察できる。
38 室内に設備された水場
【38 室内に設備された水場】
このザクロスには「貯水槽」を備えた部屋が作られていた。これは珍しいが、河や泉などの天然の水の供給が少なかったためと考えられる。
39 クノッソスにまつわるミノタウロス伝説
【39 クノッソスにまつわるミノタウロス伝説】
ミノタウロスの胸像であるが、ミノタウロスというのは半牛・半人の怪物で、ミノス王の不敬に対する神ポセイドンの呪いによって生じた。迷宮に閉じこめられ、アテネから餌食として少年・少女が送られ、そこでアテネの王子テセウスが退治に乗り込んできて、ミノス王の娘アリアドネの協力を得て倒すというテセウス伝説につながる。
40 カマレス文様の器
【40 カマレス文様の器】
カマレス陶器というのは、ミノア文明の誇る文化遺産の中でももっとも華麗なものとして知られる。その形態や文様のすばらしさはとても紀元前2000年に遡るものとは思えない。写真のものは紀元前1800年頃のものと推定。人間の美的センスは時代には関係がないことが良く分かる。
41 花柄のカマレス文様
【41 花柄のカマレス文様】
カマレス陶器の代表的なもの。「クラテール」と呼ばれる酒壺で大きさは高さが45〜6センチある。白い花弁が美しく、縁の三角や器部分の四角の幾何学紋様、脚の部分の枝模様、底部の渦巻き文様などその模様のバランス感覚が素晴らしい。
42 カマレス文様の皿
【42 カマレス文様の皿】
同じくカマレス陶器の代表的なもの。果物などを盛った皿かと思われるが、多様な渦巻き模様を組み合わせてあり、その美術的効果は時代を超えている。カマレス陶器の造形技術もすさまじく立派で、工芸史上での奇跡とも言われる。
43 黄金細工
【43 黄金細工】
ミノア文明の華麗さを示す黄金細工。人類史において「黄金」が富みの象徴とされるのは世界的に共通しており、従って世界中で同種のものが観察される。あと注目されるのはデザインであるが、実はこれも世界的に何処も遜色のないデザインを示してくる。人類の美的センスの同一性がこうした細工に見て取れる。
44 水晶の壺
【44 水晶の壺】
ザクロス出土のもので、同じくミノア文明の素晴らしさを示す水晶の壺。リュトン(酒杯)というよりむしろ儀式用の献酒器かと思われる。
45 牛頭のリュトン
【45 牛頭のリュトン】
紀元前1550年頃作成と推定される「牛頭のリュトン」であるが、リュトンというのは「酒杯」を意味する。しかしこの場合、牛はクレタの聖獣なので、「聖なる儀式」に使用された一種の儀礼具であった可能性が高い。美術的にはクレタ独特のリアリズム様式が遺憾なく発揮されている。
46 青の婦人群像
【46 青の婦人群像】
クレタ美術の代表としては通常「パリジェンヌ」と言われるものが示されるが、それは一般的過ぎるのでここではこれを挙げておいた。これを示した理由は「上半身の美しさ」と当時の女性の風俗が見やすいためで、女性の身にまとっている華麗な衣装が素晴らしい。胸がはだけているようなのはこの当時の風俗なのであろう。ヘアースタイルもまるで現代の女性のようである。
47 婦人像
【47 婦人像】
同じく「女性像」であるが上半身がほぼ完全に残存しているものとして貴重である。これは独特のヘアースタイルが興味深い。おそらく踊っているのかと想像されている。胸のあいた上着など、当時の女性のおしゃれ振りが良く分かる。
48 百合の王子
【48 百合の王子】
これもクレタ美術の代表的なものであり、若い男性像となっている。当時の宮廷の男性の姿が推定される。半乾きの漆喰に絵の具を使う技法。
49 花の壁画
【49 花の壁画】
クレタ美術というのは先行するエジプト・オリエントの美術様式のような抽象性はなく、その「写実性・自然性」が特質と言える。これは野にある花を写生したかのような様式となっていて、クレタ美術の特質を良く表している。この「写実主義、リアリズム」というのはクレタから後のギリシャ本土の美術に引き継がれる。
50 イルカの壁画
【50 イルカの壁画】
イルカの絵であるが同じタイプのものはクノッソスの王妃の間で見ることができる。矢張り自然性・写実性の特質を良く表している。ちなみに「美術における写実性」という特色は、現代では当たり前のように思えるが、世界的に「希有」の様式であった。
51 ゲーム盤
【51 ゲーム盤】
ゲーム盤と推定されているもので、宮廷生活の一端をしめすものとして興味深い。
52 線文字
【52 線文字】
クレタ島からは大きく分類して二種類の文字の記録が発掘されている。それは線文字状であるため「線文字A」「線文字B」と命名された。線文字Bは解読されて「ギリシャ語」であることが判明したが、「線文字A」は未解読のままである。こちらの方が先住民族で、そこにギリシャ人が入植してきてしばらく共存していたと推測されている。
53 線文字
【53 線文字】
▲ページのトップへ