17.哲学入門、哲学的に物事を考えるとは〜西洋哲学史を巡って〜 - 2. 学問の発祥、「自然哲学者」の誕生 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

17.「哲学」の一般的な用法と本来の用法
HOME
INDEX
1. 「哲学」の一般的な用法と本来の用法
2. 学問の発祥、「自然哲学者」の誕生
3. 哲学の始祖、「ソクラテス」
4. 師ソクラテスの問題への回答者「プラトン」
5. 学問・哲学の体系を形成した「アリストテレス」
6. 「ソクラテスの弟子たち」と「ローマ期の哲学」
7. 中世キリスト教神学、「アウグスティヌス」の場合
8. 近代哲学の祖、「デカルト」の思考法と「スピノザ」
9. もう一つの近代哲学の流れ、「ロックとイギリス経験論」
10. 近代哲学の集大成、「カント」の批判哲学とは
11. カントを引き継いだ「ドイツ観念論」
12. ドイツ観念論の行き着いた先「ヘーゲル」
13. 生と死を見つめた憂愁の哲学者、「キェルケゴール」
14. 近代唯物論哲学の巨星、「マルクス」
15. 生の徹底的肯定者、「ニーチェ」の場合
16. 現実に生きている人間の立場、実存主義の「サルトル」
17. 20世紀の哲学の外観
18. 西洋哲学史概略

2.

学問の発祥、「自然哲学者」の誕生


神話
 
「世界とはどのようなものであり、この自然物は何で、また人間はどのようなもので、どのように生きていくべきか」という問題は人類にとっては人間らしく生き始めた最初からの問題でした。それに対する「最初の解答」は「自然の力を人格化してもの、つまり神」との関わりで語られました。それが「神話」でした。

自然学者
 古代ではすべての民族がそうした形での神話を持っていましたが、古代ギリシャ人がひどく特別であったのは、そうした神話をすばらしいものに仕上げていく能力がある一方で、それを
「批判」することもできた、ということです。これは紀元前600年代からはじまります。
 この批判能力というのは、ようするに、物事を
「経験と理性によって観て」、さらに「論理的」に考えるということで、私達が古代ギリシャ人から教わったたくさんのことの中でも、もっとも重要なものの一つです。
 その能力を使って、神話が語っていた
「世界の在り方」を、別の角度から語ってみせたのが、後のアリストテレスによって「自然学者」とよばれた人達でした。紀元前600年代から500年代のことでした。この、アリストテレスによって自然学者と呼ばれることになった人達のやり方というのは、やがて「哲学的ないし学問の態度」とよばれることになるものでした。
 ここでは、経験と理性によって物事を観て、論理的に語る、ということですから、神話や宗教のようになんでもかんでも言われていることを頭から「信じる」などということは決してしません。ああかな、こうかな、と
「考えていく」態度が一番重要でした。ですから、出された結論がそのまま「信じられる」などということがあるわけもなく、すぐに「批判的」に見られ、さらなる議論を生み出していきます。こうして多くの自然学者が生まれていったのです。
  「なお、この自然学者たち」については、
「神話から哲学へ―古代ギリシャでの哲学の誕生―」という別の章で詳しく紹介していますので、そちらも参照してください。

自然学者の課題
 自然学者が問題としたのは、文字通り
「自然世界」でした。ただし、哲学の主要問題とははじめから自然世界であったというわけではありません。
 むしろ「哲学」というのは自然学者より後代の紀元前400年代のソクラテスによって言い出された言葉で「人間についての学」というのが実際でした。それがソクラテスの問いからやがて
「自然世界も問題」とされて、それはソクラテスの弟子のプラトン、さらにその弟子のアリストテレスによって展開され、やがて哲学の主要問題とされて「哲学者の仲間に加えられる」ことになったのでした。
 
つまり、アリストテレスが人間をはじめとしてこの自然世界のさまざまのものの「存在の在り方」をみて、存在の神秘を解明しようとしたところで、自分達(ソクラテスやプラトンや自分アリストテレス)に先だって、そうした問題に少しでも語っている人がいればその人達も問題にしようということで、ソクラテス以前にさかのぼって見たものなのです。
 それはともかくとして、彼等が神話的にではなく「世界の在り方」を人間思考力によって考えようとしたことは、人類の精神史上、革命的なことではありました。しかし、そうはいっても全くこれまでと違った世界の在り方を示す、というわけではなく、
「説明される本体、つまり、世界の在り方」は神話時代とあまり変わりません。ただ、その「説明の仕方」が変わったということです。その世界の在り方、つまり世界観は、中世になってキリスト教が入ってくるまで変わりません。つまり「すべてのものは自然全体の一部であり、すべては自然として一つ」だという考え方です。
 
さて、それでは自然学者達はどのような説明を与えたのでしょうか。大事なことは次ぎのことです。

A、自然事物のありようを「神話」で説明するのではなく、「自然物」そのもので説明する。
B、自然的事物の「観察」にもとづいて、そこから世界のありようを論理的に説明する思考。
C、自然世界・生成変化に「一つの原理(アルケー)」を見て存在世界全体を説明する。
D、理性による「理論」として、常に懐疑にさらされ、批判・吟味されていく「学問」の性格の形成。


 自然学者が説明しようとした世界の在り方そのものは、ギリシャ神話での世界の生成の仕方と同じだといっておきましたが、それはつまり、
「もとのもの」が初めからから「在り」、しかも、そのものにはどうも「運動の原理」がはじめからあって、それで動きだして事物が生まれ出ていった(というわけでこれを哲学史では「物活観」などと呼んでいます)ということでは全く変わらない、ということです。

ギリシャ神話での言い方はどうかと言いますと、神話作家ヘシオドスによると次ぎのようです。

1、 まず始めに何とも名づけようのない「あるもの」が在った。
2、 それが「動きだし」混沌の開き口「カオス」大地「ガイア」底無しの「タルタロス」、そして、愛「エロース」の四柱の神々が生まれた、となります。 
3、 そしてさらに、カオスから闇のエレボス、夜のニュクスの一族が生まれることとなる。
4、 一方、大地ガイアは「天ウーラノス」を生み、そこからたくさんの子供が生まれる。その系譜の中にゼウス、アポロン、アテーナーといったオリュンポスの12神がいる、といったことになります。

 それでは、自然学者による世界の生成の説明はどうか、といいますと、構造は今の神話と全く同じで、ただ、
「その、もとのものは何か」という問いが中心になってきます。そしてこの時、その「もとのもの」を「自然そのものの中で」説明しようとした、という点が大事であるわけです。

ミレトス学派
 この「もとのもの」を始めて「自然物」の中で問うた人は「ミレトスの人タレス」と伝えられます。そのタレスは
「元のものとは水」としました。これは、現代風に理解するなら「水素」と理解しておいていいでしょう。この系譜はやがて「原子」という概念にたどり着くからです。その理由として、あらゆるものに「水分」が含まれていること、水は気体にも液体にも固体にもなるけど「本体」は変わらないことなどの「観察」があったのでしょう。
 しかしこの説明は、神話とは違って、一つの意見となりますから常に
「批判」されることを含んでいるため早速批判されます。つまり、「水」といった「限定」を持つものが、どうして「他のもの」になれるのか、とった批判で、こうしてタレスの仲間である「アナクシマンドロス」はその「もとのもの」は「ト・アペイロン(無限定)」なるものなのだ、と主張しました。             
 しかし、そうなりますと、そんな「無限定なもの」からどうして
「限定的である自然物」が生まれてくるのか、という疑問がすぐに出てきてしまいます。こうして、さらにその仲間「アナクシメネス」は、「自然的」ではあるけれど、形もなく、目にも見えない、つまり「限定性」のない「空気ないし大気(と取りあえず訳されていますけれど、むしろ「大気的な自然物」とでもいいようがないものです)」こそがその「もとのもの」なのだと主張しました。
 こういう
「存在の原因」「自然的存在物質の最小物質」をさぐる態度が、後にアリストテレスによって評価されることになるのです。これは結局のところ現在の「物理学」の発祥でもあったわけで、従って物理学の英語は「フィジックス」となるのですが、これは今の自然学者が問題にしていた「自然つまりギリシャ語ではフィシス」から取られた名称であるわけでした。

多元論
 自然学者達の批判・探求はまだまだ続きます。エンペドクレスはタレスたちのように「たった一つ」のものからすべてを説明することの困難を思って、この「もとのもの」は
「四つの原理」からなっていると考えました。「絵の具」で考えてみれば分かりやすいように、四色の原色を混ぜ合わせて様々の色が出せます。そうです「混合」の比率が違ってくれば色も変わるように、その「もとのもの」の四つの要素の混合の比率がかわれば、様々のものが生じて不思議はないでしょう。そしてこの混合(分離も当然あります)の原理としてエンペドクレスは「愛と憎しみ」といった、イメージ的に分かりやすい説明もしてくれています。

 同じような発想は
「アナクサゴラス」にもあり、彼は、たとえば牛乳をのんで髪の毛が生え、筋肉がつくといった「違ったものから違ったものが生じる」ことの原因を、牛乳にははじめから髪の毛の要素や筋肉の「要素」が含まれていたのだ、とする考え方をしました。ようするに生物学的に限れば「栄養素」の発想ですが、この「素」という考え方は自然物すべてに適応されていきます。
 つまり、「もとのもの」は
「無数の種」であって、この種は「すべて」を含んでいるのです。ですから、この種からは何でも生じることができます。しかし、だからといって何にでもなれるというわけにはいきません。そこには一定のルールがあり、したがって石ころをたべても筋肉は付きません。このルールをつくるものを「ヌース」となづけました。ヌースはふつう日本語で「知性」と訳されますが、これは宇宙的な知性です。

運動の否定と「万物流転」
 こんな具合に自然学者達は「自然」について考えていったのですが、中にはこの「もとのもの」からの生成がどうしても理性的に説明できないと考えたひともいます。たとえばパルメニデスは、「ある」ものは「ある」のであって、「ない」ものは「ない」というもっとも基本的な真理にこだわり、結局、生成というのは「ある」ものから「そうでない」ものへの移り行きを言う以上、そんなことは起り得ない、と考えました。そして運動を否定してしまい、運動しているように見えるこの世界は「虚偽」の世界なのだと主張したのです。徹底的に
「論理」で迫っていった一つの結果です。こうした「常識に縛られずに」「論理そのものが何を示してくるか」という追求の仕方が「学問的な態度」となるのです。「常識にとどまって」いては決して「新たな発見」はできないのです。        

 他方、この現象世界に一つの
「理、摂理、論理」をみとめ、それを「ロゴス」と名づける一方、この現実世界の「絶え間ない流動」を強調する人もいました。「ヘラクレイトス」です。このヘラクレイトスの思想は「万物流転」の説として知られています。ただしもちろんその背後には「一つの摂理」があり、それを「ロゴス」と言っていたわけです。

原子論
 以上が主要な自然学者ですが、最後に彼等を引き継いで
「レウキッポス」「デモクリトス」が出てきます。彼らは「唯物論」の祖として有名です。この立場は、「全くの物体」を世界の最小単位・原理とします。それは「不可分の最小物体」で、無数にあって、一つ一つ形も位置も動きも違い、「空虚」の中を違った方向に動いているとします。違った方向に動いているため、その物体はさまざまの違った形結合します。世界の多様性はこうして説明されます。その「最小物体」「アトム」と呼びますが、これは「不可分のもの」という意味になります。「原子」の発想の最初となります。
 そのアトムが世界を形成しているのであり、魂とよんでいるものも、要するにこのアトムのあつまりで、したがって死んだら
「バラバラになって終わり」です。
 ですから人間の誕生に意味も目的もありません。というか、人間が期待している「特別な存在意味、神的ありかた」などはなく、人間も自然の一部として自然の展開の一つとして生じ滅するという摂理の中にあるということで、すべては
「自然の機械的運動」の中にあるとしたわけです。

自然は生きている
 それでは原子論以外の他の自然学者はどうなのかといいますと、一見すると「唯物論」に見えてしまうのですが、そうはならないのです。彼等の場合には「もとのもの」はある意味で
「生きている」のです。「生命そのもの」ともいえ、自らの中に生成の原理をもっているのです。デモクリトスのように、ただの死んだ物体の機械的運動ではないのです。タレスは「自然は神々で満ちている」と言っています。ただし、この「神々」というのはギリシャの伝統的神々「オリュンポスの神々」のような「人格的な神」ではなく、むしろ「生命原理」のようなものです。ですから自然は生き生きとした「生命体」なのです。死の世界でただコチコチと動いている時計のような「機械」ではない、と考えているからです。そこで彼等のような立場を「物活観」とよんでいるわけでした。
 この自然学者以降、ギリシャでは
「自由に、人間理性に基づき、人間や自然を問う」ということが行われるようになり、さまざまの「学問」が形成されていくことになったのでした。この自然学者の意味についてははじめに紹介しておきましたけれど、これは世界広しといえども、また歴史は長いといっても、この「古代ギリシャ」にだけしか生じなかった「歴史の奇跡」であり、これが紀元後1500年くらいからの「ルネサンス」によって西欧によみがえり、現代の私達の学問・文化の基盤となったのでした。決定的に大事なので繰り返しておきます。この意味をじっくり考えてください。

A、自然事物のありようを「神話」で説明するのではなく、「自然物」そのもので説明する。
B、自然的事物の「観察」にもとづいて、そこから世界のありようを論理的に説明する思考。
C、自然世界・生成変化に「一つの原理(アルケー)」を見て存在世界全体を説明する。
D、理性による「理論」として、常に懐疑にさらされ、批判・吟味されていく「学問」の性格の形成。

▲ページのトップへ