16.生と死に向き合った哲学者たち -9. 魂をもって現実を生きる「ストア学派の祖ゼノン」 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

16.生と死に向き合った哲学者たち
HOME
INDEX
1. 人生をまっとうに考えた最初の哲学者「ソクラテス」
2. 獅子のように社会と戦った「犬のアンティステネス」
3. 流れる雲のように自由な「快楽主義のアリスティッポス」
4. 「正義の政治を思うプラトン」はどう生きた
5. プラトンの「天から落ちた人間とこの地での輪廻転生」
6. アリストテレスの「人間、生き方、社会」の論
7. 第二のソクラテス「酒瓶に住んだシノペのディオゲネス」
8. 愛に生きた「犬の夫婦哲学者クラテスとその妻ヒッパルキア」
9. 魂をもって現実を生きる「ストア学派の祖ゼノン」
10.ストア学派の「世界市民、自然に即して、不動心」
11. ストアの哲人「泰然とし自由な奴隷のエピクテートス」
12. ストアの哲人「哀愁の皇帝マルクス・アウレリウス」
13. 「隠れて生きた」快楽主義、「エピクロスの学派」
14. 神秘主義、新プラトン派の「プロティノス」

9.

魂をもって現実を生きる「ストア学派の祖ゼノン」


 一般に流布しているストア学派の教説というと、「自然と合致して生きる」ということが標語として言われ、「不動心(アパテイア)」ということがその骨幹として紹介されます。もちろんストア派の教説はそれだけではなく多岐にわたりますから、研究者によって紹介の仕方も強調点も異なりさまざまなのですが、取りあえず一般的な紹介に則って紹介していきます。
 さて、ここでの
「自然」とは人間も含めあらゆる天地・自然を支配している「宇宙的摂理」と理解すべきもので、これは人間においては「理性」において見られ、あるいは人生に現れた時には「運命」と理解しておいていいです。ですから、「人間は理性において生き、あらゆる運命を宇宙的に定められているもの、永遠に自分に定められているもの」として受け止めて生きていくべき、となります。
 
「不動心」というのは、「自然に反する形で感情や欲望、幻想や不安、等々」が起きるのが人間ではあるけれど、それに「惑わされない心のあり方」を意味し、また何が起ころうとそれは「自分に定められているもの」なのだからとして「何事もそのものとして受け止める心のあり方」となります。
 ある意味で凄い心の持ちようが要求されてきますが、これは時代的な要求でもあり、先行するキュニコス学派などに見られるもっとすさまじい
「人間の生き方に対する格闘」から生まれた哲学だと言えます。そのいきさつを見ていきますが、ストア学派については「祖ゼノン」「ゼノンの後継者」ストア学派の代表とされとりわけ有名な「奴隷のエピクテートス」「皇帝マルクス・アウレリウス」の四つの章に分けて紹介していきます。この章は「祖ゼノン」となります。

ゼノンの時代
 ストア学派の祖となるゼノンの誕生は紀元前335年と推定されていますので、時代的にはアレクサンドロス大王の死ぬ少し前ということであり、ゼノンの幼児期から少年期は
「アレクサンドロス大王の死による後継者争いの時代」となり「争乱の時代」ということになります。
 
ゼノンの生まれた場所はキプロス島のキュティオンというところでしたが、ここは小アジア、中東、アフリカをにらむようなところにあるので後継者争いに加わっていた武将達にとって見過ごしにできない地としてやはり争乱に巻き込まれていたでしょう。落ち着かない時代と場所であったわけです。
 またゼノンは
「フェニキア人」であったとも言われますが、キュティオンはフェニキアの勢力も強いところでしたからその可能性も十分あります。ただ、ゼノンは言語的にはギリシャ語世界の人間なので、仮にフェニキア人であったとしてもその生活や教育はギリシャに基づいていたと言えます。

キュニコス学派のクラテスとの出会い
 ゼノンは独自にキプロス島で自分の哲学を生み出したのではなく、
「キュニコス学派クラテスの弟子」であったところから自分独自の哲学へと成長していった哲学者でした。
 クラテスの弟子となるいきさつについては、彼が30歳の頃、貿易に従事していてアテナイの港ペイライエウス近くまできたところ難破してしまいそのままアテナイに行ってある本屋でソクラテスの弟子であったクセノポンの
『メモラビリア(ソクラテスの思い出)』を読んだといいます。そしてその内容にいたく感激し、本屋の親父にここに書かれているような人はどこにいるだろうかと尋ねたところ(ちなみにソクラテスは64年くらい前に死んで居ます)、親父は丁度折良く通りかかったキュニコス学派の「クラテス」を指さし「あの人だ」と答えたので、その時から彼はクラテスの弟子になったと言われています。
 しかし別伝では、ゼノンの父親が貿易商でしばしばアテナイにきては
「ソクラテスに関する本」をたくさん買って帰りゼノンに読ませていたので、ゼノンはまだ故郷にいた頃からソクラテスを知って憧れ、そしてアテナイにやってきて「ソクラテスのような人物としてのクラテス」の弟子になったのだ、とも言われます。どちらにしてもゼノンは「ソクラテスに魅せられてクラテスの弟子になった」ということは変わりがなさそうです。
 クラテスの方は、ソクラテスの弟子であった「キュニコス学派の開祖アンティステネス」、さらにその弟子の「シノペのディオゲネス」を継いでいて、当時
「もっともソクラテス的な人」と言われていたわけですから、ようするに「すべてソクラテスに起因」しているわけでした。
 ただゼノンはクラテスの思想には深い感化を受けたといえますが、生来慎み深い質だったのでキュニコス学派の
「犬のような生活ぶり」にはどうもついていけなかったようで、やがてその下を去って自分独自の道をいくようになり、伝えられるところではソクラテスの別系統の弟子「メガラ派のスティルポン」や「プラトンの学園アカデメイアのクセノクラテス」にも師事したと言われています。
 また
「最善の生を送るには何をすべきか」という問いに対する神託が「死者たちと交際せよ」とあったのでこれを「古の人たち」と解釈してそうした先人の著作を読むことにしたとも伝えられており、これはゼノンが先人の著作を常々読んでいたことからの伝承でしょう。そうしたさまざまの勉強においてゼノンは「理論の構築」のあり方を学んだのかもしれません。というのも、ほとんど体系的な理論を持たなかったとされるキュニコス学派に比べて、ゼノンの創始したストア学派は「精緻で体系的な理論」を持っているからです。
 しかし思想の根本のところはやはり
「キュニコス学派の精神」をついでおり、したがってゼノンはやはり今日に至るも「クラテスの弟子」とされて、そしてやがて独自の道をとったところから「ストア学派の祖」ということになっていったのでした。
 この
「ストア」というのは「列柱郎」と訳されますが「列柱で支えられた長い廊下のような建物」で古代ギリシャの建物の代表的なものです。もちろん公共の建物で、熱い夏は日陰を作り雨期には雨からの防御となる建物であって古代ギリシャ人の一つの生活の場となっていました。ゼノンは「このストアを用いて講義をした」ので「ストア学派」と呼ばれることになったのでした。彼が講義したストアは「ストア・ポイキレ」と名付けられていたストアで、これはアテナイの「公共広場・アゴラ」の北側にあったものでした。ちなみに、ここはかつてまだアゴラが十分に発掘調査される前に行われた地下鉄工事が壊してしまっています。現在は、ここにこのストア・ポイキレなどの重要建物があったことが判明して発掘調査にかかっていますが、どの程度復元できるか楽しみでもあります。それはともあれ、これは公共の建物ですから誰でもここに来てその講義をきくことができましたが、他方ゼノンがここを選んだ理由としては、ここで先に30人会による「大虐殺」があったので普通の人々は近づかず喧噪を避けることができたからだとも言われています。

 ところで、彼がアテナイにやってきたときには大金を持参していて、これを貸し付けたといわれますが、しかし彼自身の食事は
「小さなパンと蜂蜜と少量のぶどう酒」だけだったといいます。しかし先達のキュニコスのように「投げ与えて無一文になる」というようなことはしなかったようで、伝えられるところでは彼は壺にお金を入れて持ち歩いていたけれどそれは師のクラテスが必要としたときすぐに用立てるためにであったと言われています。クラテスは困っている人を見れば助けようとする人だったでしょうから、ひょっとするとそのゼノンの手持ちの金は師のクラテスにかぎらず困っている人たちの人助けに使っていたのかもしれません。
 とにかく、後代になってからのことでしょうが、アテナイの市民は彼を非常に尊敬し、彼に城壁の鍵を預けたり、また黄金の冠を授けるとか、銅像を建てるとかして彼を讃えたとされています。ですから「ただの優れた人」であることを越えて具体的にアテナイ市民に相当の恩恵を与えていたのではないかと推察されます。アテナイ市民のその顕彰の決議文が伝えられていますが、それは
「徳性において優れた人で、青少年の育成に尽力し、また彼の生活は彼の語っていた教説と一致しており万人の模範となるものであったからで、そしてアテナイの市民は優れた人を尊敬しているということを知らしめるため」となっています。
 一方彼を顕彰したのはアテナイ市民だけではなく、祖国のキプロス島・キュティオンの人たちも
「ゼノンの銅像を立てて都市の飾り」としていたと伝えられ、またさらにシドンに住んでいたキュティオン出身の人たちまでもゼノンを自分達の町の人間にしたがっていた、と言われています。やはりその背後には「具体的な市民に対する日頃の恩恵」が推定されます。というのも他にも当時にあってギリシャ中に鳴り響いた「優れた人」もいたわけですが、そんな特別扱いは誰も受けていないからです。

ゼノンの立場
 しかしそれはそれとして、こうなるともう全くゼノンは自分が師事していた「キュニコス学派」の人とはなりません。キュニコス学派は、確かに一人の人間としては愛され尊敬はされていて相談事まで持ち込まれていたことはこれまでの伝承からも確実ですが、だからといって間違っても
「市民の模範などと評価され顕彰される」ということはなかったでしょうし、またキュニコス学派の人たちがそれを受けるということも絶対あり得ませんから。
 要するにゼノンは
「市民として理想」だったわけで、これは「市民生活を適切に送り、かつ社会に貢献し、しかも人物として高潔」ということでありこれは全くキュニコス学派の生き方ではないわけです。
 要するに、ゼノンの師匠であった「クラテスの章」のところでも見ておきました
「ゼノンのスープ事件」でも明かなように、ゼノンは「恥ずかしがり屋」であったようですが、言葉を変えれば「真面目で誠実な人」だったのでしょう。そういうわけで、クラテスのように「社会的立身出世や財産などに潔癖で内面の徳性」だけに従うという人に優れを見いだし師と仰ぐこともできたのでしょうが、一方、その「社会に対する戦いとしての戦法であったキュニコス的生き方」にはついていけなかったのでしょう。
 ですからゼノンは
「つましく質素」でありながらも、当時の「社会の習慣に反抗することはせず」、偏屈な女嫌いだと思われないように若い小間使いの少女を雇ったこともあり、少年の小間使いも雇ったと言われています。
 またそんな性格であったことから騒がしい場が苦手のようでしたが、乱痴気騒ぎ誘われて
「にべもなく断るというようなことはせず、一緒についていってこっそり一人帰ってしまう」というような手を使ったようでした。そしてまたパーティーなどでは隅っこに席をとったと言われます。またそのパーティーにあっても場を壊すような態度はとらず「くつろいだ」態度でいたと言われ、普段の厳格な彼を知るものが「どういうわけで」と尋ねたところ、はうちわ豆も元来は苦いものだけれど水に浸すと甘くなるだろう、と答えたといいます。こういうところから彼は「状況に応じて身を処した」と評されたようでした。
 以上のようなあり方を導いたのは、徳性としては
「弁え、節制」といったようなものになるでしょう。その「節制」をゼノンは重視したようで、彼は「徳的な優れは節制が咲かせてくる花である」あるいは「節制が徳的優れという花を咲かせる」と語っていたようで、いずれにしても徳性は「節制が決め手」になると考えていたようです。つまり、この節制というのは「度を超さない」という意味合いであってキュニコス学派のような「拒絶」とは違うわけです。こうして彼は「自制心」の代名詞のような人と評されたようで、立派な人を指して「哲学者ゼノンよりもっと自制心のある」などという表現法が使われていたと言われます。したがってその哲学の中に「物事や状況にふさわしい行為」という意味合いを持った「カテーコン」という概念を導入したのは彼が最初であると言われるわけでした。
 またその真面目さは
「几帳面さ」となっても現れていたようで彼は先にしめしたように非常に探求心に富んだ人でしたが何事にも精確を期そうそうとしていたといわれ、知識を獲得するのに「思いこみほど邪魔なものはない」と言っていたようでした。

ゼノンとアンティゴノス
 ところでこのゼノンは、アレクサンドロス大王死後の後継者の一人でその故郷マケドニアを支配することになった
「アンティゴノス王」との親交が良く知られています。もっとも、このアンティゴノスに限らずマケドニアの歴代の王達はいずれもギリシャの知識人との関係が非常に深く、有名なところではギリシャ文化が華やかであった頃の「悲劇作家エウリピデスやアガトン」はこのマケドニアに招かれてそこで生涯を終えていたのだし、哲学者アリストテレスにいたっては父親がマケドニア王家の医者でもあり、アリストテレス自身が「アレクサンドロス大王の家庭教師」をつとめ、生涯マケドニア王家の庇護下にあり、もっともそのため大王の死とともに反マケドニア勢力の手を逃れて亡命せざるを得なくなるほどでした。ゼノンもそうした文化・教養志向の強かった「マケドニアの王」と親密になっていてということです。
 また、マケドニアの王と哲学者との関係ということでは、
「シノペのディオゲネスとアレクサンドロスの奇妙な関係」も興味深いものがありました。ですからアンティゴノスもいつもアテナイの文化状況には注意していたのかもしれません。そして彼はゼノンに惹かれたのでした。アンティゴノスからゼノンに宛てた書簡が伝えられていますが、それによると、「好運と名声」では自分の方が上かもしれないけれど、「理性と教養、そしてまた完全な幸福」の点では劣っているので、ついては私の所に来てもらえないだろうかとお願いする次第で、そうしてマケドニア全体を「徳に適ったもの、良き人間」へと導いてもらいたい、という丁寧なものです。
 これに対してゼノンは、本当に真実の教養に心を向けているのなら大変結構なことではあるのだが、自分はもう高齢で旅に耐えられそうにないので代わりに高弟を差し向けるというものでした。ただしこれが始めてのやりとりというわけではなさそうで、伝えられるところではアンティゴノスは
「アテナイにやってくるたびにゼノンの講義を聴き、また再三マケドニアに来て欲しいとたのんでいた」といいます。そしてゼノンの死の報に接した時には「私は私を見てくれるものを失った」と言って嘆いたと言われます。そして、何故それほどまでにゼノンを尊敬するのかと問われた時、「あの人は私からの数々の贈り物を手にしたけれど決して高慢にもならずまた卑屈にもならなかったからだ」と言ったとつたえられますが、これはゼノンには当然あった態度であったでしょう。しかし、ゼノンの人物を見抜いていたアンティゴノスもなかなかの人物といえ、実際彼の治世下はギリシャ世界全体が動乱期にあったにもかかわらず、マケドニアは非常に良く治められていたとされています。

ストア学派とキュニコス学派
 さて以上のようにゼノンの生き方をみてくると、ストア学派とその先駆であるキュニコス学派の違いがどこにあるのかが良く見えてくると思います。
「社会的立身出世、金儲け、贅沢、安楽、快楽的生活に価値を見ず、それを拒否し内面の徳性に従って生きる」ということでは両者は変わりません。ゼノンがキュニコス学派のクラテスの弟子であり得た理由です。
 しかし一番の違いは、ゼノンには
「キュニコス的生活」「犬のような生活」「社会への反抗・噛み付き」がないということです。ですからキュニコス学派に特徴的な、後の英語の「シニック(皮肉)」という語源になる(「キュ」は「cy」と表記されることで「シ」と発音されてしまった)その「皮肉な性格」がなくなり、ある意味で「まるく」なっているわけです。
 あるいは、社会のあり方をそれなりに認めて前提し、その中での徳的生き方を求めていたと言える
「ソクラテスに戻っている」とも評せるかもしれません。もちろんソクラテスには「社会にある力の論理に対する激しい戦い」があり、それは「己の命」をかけるような形で行われ、ある意味ではキュニコスより「挑戦的」で、それ故に殺されてしまったわけですが、しかし日常的に「社会にかみつき、皮肉な生活態度」をとるというものではありませんでした。
 ソクラテスには代わりに
「何があっても何事も自然に受け流す」ような態度が見られています。そして、こうした「激しく戦いつつも、自然であった」ソクラテスから「戦うアンティステネス」や「自然な快楽主義者アリスティッポス」が生まれていたのでした。
 他方この「自然」な態度は
「何事も気にしない」ということを言っていた「ゼノンの師クラテス」にもあり、そして「運命の甘受」をいっていたシノペのディオゲネスにもあった姿勢です。ただ、それにしては「キュニコス学派は社会の腐敗に敏感に過ぎ、何事も気にして」社会と真っ向から戦う姿勢を持ち、「社会のあり方という運命を甘受しない」姿勢をもっていたのでした。
 ゼノンの場合は社会に対してはむしろソクラテス的な
「徳性をもって受け止める」方式に戻っているとも言い得ます。ただし、「社会に対する激しい戦い」という点ではソクラテスよりも大分後退しているということは言えるでしょう。しかし社会に対する戦いがない分「内面の徳性の重視」「運命の甘受」という点ではむしろ分かりやすくなっており、これがおそらくは多くの人の共感を得てゼノン以降はストア学派の興隆ということになっていったのだと考えられます。

ソクラテスからゼノンまでの道筋
 振り返って、ゼノンが当初属していたキュニコス学派が生まれてきた要因の第一はソクラテスが問題とした
「良く生きる」というあり方を、社会的立身出世や財産、快楽、贅沢、安楽などにもとめるのではなく、「人間として優れている」と言われる所以の「人間的徳性」に求める、というあり方を全面的に受け止め、それを「己の人生に全面的に実現させていこう」としたことが第一です。この受け止めにおいてはソクラテスの弟子達の中でも「キュニコス学派の祖アンティステネス」がもっとも優れて突出していると評価できるでしょう。この点ではさしもの天才プラトンも完全に負けています。
 一方、ソクラテスの場合はこの実現という
「目的のための理論的追求」というものが「手段」として付随していたのですが、アンティステネス以来「行為そのものにおいて」だけで十分としたことがキュニコス学派を生みだした第二の要因として挙げられます。この態度はおそらく、アリストテレスですら「良き人となるという目的を忘れて理論に逃げ込んでそれで哲学しているつもりになっている人たち」と言って批判している事態が周りに多く観察されたからかもしれません。
 第三に挙げられなければならないのがいうまでもなく
「社会的要因」でしょう。もちろん「人間の内面的徳性に人間の優れを見る」ということはいつでもどんな社会でも求められなければならないことかもしれません。しかしそれが前面にでて意識される社会とそうでない社会があります。つまり専制君主国家や封建制社会ではこんなことは社会的に問題にもなりません。問題として意識されると場面があるとしたら「支配階級」においてのみであり、貴族、武士、僧侶階級にならありえます。しかし「民衆総体のもの」として意識されるには「民主制国家」にしかあり得ないわけで、しかもその「民主制の欠陥」が生じて「社会に対する疑念」が生じたところでこの問題は強く意識されてきます。
 ソクラテスの後半生はまさにアテナイの民主制社会の問題が噴出し、やがてポリス社会そのものが崩壊していく時期でした。人間を「善き者」として生かしてくれるものとしては
「ポリスは頼むに足らなく」なっていたのです。そこで多くの人たちは逆にその社会の権力を握り自分に都合のいい社会にしようと「地位」をもとめ、あるいは「財産」に頼ろうと金儲けに走ります。そうした時「真実の人間としての良さとは」などということを問題にしたらどうしても「反社会的要素」をもってしまいます。すでにこれはソクラテスにあったわけです。そしてこれを露骨に「挑戦的」にしたときアンティステネスやシノペのディオゲネス、またクラテスが生じてくるのでした。
 しかしその「反社会性」を心の中にしまい、むしろ
「社会の中に生きながら人間としての徳性を実現」させ、そうすることで社会に反映させようという態度に変化したのがゼノンであったと言いうるでしょう。こうしてゼノンは「キュニコスの徒」ではなくなり「ストア学派の祖」となったのでした。

キュニコス学派の突きつけている問題
 「アンティステネス」の章のまとめに示しておいた「キュニコス学派の提起している問題」をここに再録しておきます。ゼノンはそれに対する一つの回答を与えていると考えられるからです。つまり、キュニコス学派は現代にまで通用するいくつかの重要な問題を指摘しているのですが、それが哲学史的にあまり問題にされていないのが不当な評価と言えます。
「ゼノンはそれを意識化し問題化していた」と考えられます。では、そのキュニコス学派が突きつけていた問題とは何だったのでしょうか。
 その重要な問題の一つは、
「人間の徳性という問題に、理論がなじむのか」という問題を提起している点です。現代の私たちはたくさんの理論を持ち「倫理学」という学問も持っています。私たちはこれに何の疑いも持っていないのですが、しかしはたして「倫理学」という学問は「何に立脚して成立しうるのか」という根本的な問題をこのキュニコス学派は突きつけているのです。つまり、「具体的行為、具体的社会」に立脚しない、あるいはそれに「反映されない」倫理学とはどんな意味があるのか、という問題です。
 また私たちは
「何で快楽を退けなくてはならない」のでしょうか。キュニコス学派はこれを「敵視」しましたが、その意味はどこにあるのでしょうか。ソクラテスだってパーティーを楽しんでいました。もちろん「過度に溺れて」は体も心も駄目になってしまいますが、この「快楽というのは人間の生活のベース」なのではないか、これが無ければ人は働かず、文化を創ることもなくなるのではないか、労働とは何なのか、文化とは何なのか。実はキュニコス学派は「社会ばかりか文化も否定」しているようです。「快楽」を否定すればそうならざるを得ません。いや、否定というよりも、キュニコス学派は「社会というもの文化」というものを根本的に考え直そうとしているのです。「快楽とは、それを追い求める社会とは、そしてそこに成立する文化とは」という問題です。実際、こう問われて現代の私達は何と答えて良いのでしょうか。
 シノペのディオゲネスの言う
「コスモポリテース(世界市民)」という提題も非常に重要な問題提起だと考えられます。しかしここでも私たちは、人間にとって「特定社会」は当然あるべきもの、国家の文化は良いものと信じて疑っていません。ですからキュニコス学派の問題が分からないのですが、今日私たちの社会ないし国と言ってもよいですが、それは「互いに侵略しあい紛争だらけ」です。「自分だけの国、自分だけの社会」にこだわることがこうした事態を生んでいるわけです。また現代の文化の代表としての科学は地球そのものを崩壊させようとしています。私たちは「社会というもの、文化というものを根本的に考えなおさなければならない」時にさしかかっているのです。もちろん私たちは社会をなくすことなどできず、原始時代に戻ることもできません。しかしその意味を根本的に問い直すということは常に行われていて良かったことなのであり、キュニコス学派の意味というものももう少し真剣に考えてきても良かったのではないかと思うのです。ゼノンの思想はそうした問題に対する一つの回答であったといえるでしょう。
 
そしてそれはさらに「ゼノンの後継者たち」によって深められていきます。次いで章をあらためてその後継者たちをみていくことにします。

▲ページのトップへ