16.生と死に向き合った哲学者たち - 3. 流れる雲のように「自由なる快楽主義のアリスティッポス」 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

16.生と死に向き合った哲学者たち
HOME
INDEX
1. 人生をまっとうに考えた最初の哲学者「ソクラテス」
2. 獅子のように社会と戦った「犬のアンティステネス」
3. 流れる雲のように自由な「快楽主義のアリスティッポス」
4. 「正義の政治を思うプラトン」はどう生きた
5. プラトンの「天から落ちた人間とこの地での輪廻転生」
6. アリストテレスの「人間、生き方、社会」の論
7. 第二のソクラテス「酒瓶に住んだシノペのディオゲネス」
8. 愛に生きた「犬の夫婦哲学者クラテスとその妻ヒッパルキア」
9. 魂をもって現実を生きる「ストア学派の祖ゼノン」
10.ストア学派の「世界市民、自然に即して、不動心」
11. ストアの哲人「泰然とし自由な奴隷のエピクテートス」
12. ストアの哲人「哀愁の皇帝マルクス・アウレリウス」
13. 「隠れて生きた」快楽主義、「エピクロスの学派」
14. 神秘主義、新プラトン派の「プロティノス」

3.

流れる雲のように「自由なる快楽主義のアリスティッポス」


はじめに
 この章では、自然に逆らわず大空を悠々と風に流れる「雲」のように、
「自然でおおらかに快を楽しみ」、それでいて「厳しく己を律して生き抜いた」ソクラテスの弟子「アリスティッポス」を扱います。
 さて、私たちがソクラテスの弟子達について物語る時、第一の文献として使う古代の哲学史家ディオゲネス・ラエルティオスは、
「快楽」をその哲学の中核に据えていた「キュレネ学派」の祖として「ソクラテスの弟子アリスティッポス」を語ってきます。
 ところがそれにも関わらず、現代のソクラテス研究者は、ソクラテスに「快楽主義」など読み取れないとして、古代の哲学史家ディオゲネスの証言を否定してしまいます。そして、このアリスティッポスに関してさまざまの疑問を呈し、中には彼をキュレネ学派の祖とすることはできないなどと「論拠も示さずに」平然と指摘してしまう研究者もいます。しかし、古代の哲学史を語るのにディオゲネス・ディオゲネスを無視したり否定するのは「相当に確実な根拠」が無い限りできないことです。もちろんディオゲネスには「人づての話し、噂、推測など」が充満していますから「間違い」も「誤解」も「論拠のない話し」もたくさんあると考えられ、記述をそのまますべて信じることはできませんけれど、根本からひっくり返すには「明晰判明な確実な論拠」が必要で、アリスティッポスに関して今のところそんなものはないので、私達は
「ソクラテスの弟子としての快楽主義者アリスティボスがキュレネ学派の祖」として扱っていきたいと思います。
 そこで問題ですが、では
「快楽主義者」アリスティッポスは何故「ソクラテスの弟子」たり得たのか。それを見るためには彼が言うところの「快楽の内容」が問題になってくるでしょう。

アリスティッポスの生まれ
 
アリスティッポスについての生まれや死の年については何も伝えられておらず詳しいことは全くわかりません。哲学史では年代をできるだけ推定して示そうとするので彼についても推定の年代が示されていますが、これは「推測」でしかありません。
 ただ確かなのは
「ソクラテスが死の時(紀元前399年)アリスティッポスはまだ存命中」で、その「ソクラテスの臨終に立ち会うのが期待される人々」の一人であるということはプラトンの著作『パイドン』に記されています。ただしプラトンは、アリスティッポスはアテナイと目と鼻の先にあるアイギナ島に行っており臨終の時には来なかった、と批判的な言い方をしています。生まれた場所については「北アフリカ(現在のリビア東部)のキュレネ」とされています。そしてソクラテスの死後故郷に帰って開いた学園が「キュレネ学派」というわけでした。
 また彼は「ソフィスト」と同様にその講義で謝礼をとって大金を得て、それをソクラテスに贈ったけれどソクラテスから送り返されたと伝承にありますので、ソクラテスの存命中に、すでに彼は人に
「教えることで金が得られる」ひとかどの者になっていたということも言えるでしょう。また他方で哲学史家ディオゲネスの伝えるアリスティッポス伝承の中にプラトンの名前がよく出てきて「行動を共にしている」ので、プラトンと大きな年齢差があるとも考えられず、だとするとおよそプラトンとは五歳から十歳くらいの年長かとも想像されます。

アリスティッポスの人柄
 ところで、元来哲学とは
「良き人、よき人生をつくる」ということが目的で、その「良さ」の理解のところでさまざまの学派が形成されていったのでした。ですから古代の哲学者の場合、その哲学を理解しようとういう時には先ずはその人の「人となり・人生」を見ていくことが重要になるわけです。「快楽主義者」といわれるアリスティッポスについてはどのような人間像が見られるでしょうか。
 彼の場合、一言でいうと
「何にもこだわらずに、現にあるものからの快楽を享受した」ということになるでしょう。ですから「快楽主義」と言われるのですが、しかしこれは「むやみに快楽を追求する」「何時も快楽を追求する」「強く快楽を追求する」というのとは違っていて、伝承では「現にないものの快楽を渇望してそれを追い求めるということはしなかった」のでした。ですからまた「現にある快楽に執着しない」ことも挙げられます。
 以上のような彼の立場を良く現す一つの逸話を紹介すると、彼が一人の芸子と懇ろにしているのをある人に咎められた時、
「僕が彼女を持っているのであって彼女に僕が持たれているのではない、要は、快楽にうち勝ってこれに負かされないことであり、快楽を控えることではないのだ」というのがあります。また、娼婦の家に行ったとき同行していた若者が躊躇したとき、「危険なのは入ることではなく、出てこれなくなることだ」と言ったというのもあります。これはいずれも当時の習慣としてあった「娼婦」の場面での話しで私たちとしてはちょっと素直に聞き難い話しとも言えますが、この「娼婦」のところに「お金とか酒とかその他、私達が溺れてしまいがちなもの」を入れてみればいいでしょう。そうすると、酒で言えば「僕が酒を飲んでいる(支配している)のであって、酒が僕を持っている(支配している)のではない(つまり酒に溺れてはいない)」というわけで、「酒がいま現にあるのならそれをおいしくいただくが、酒に飲まれてしまうこともなく、得られもしないときに酒々と騒ぐこともない」となり、要するに「酒を愛し、しかし酒に溺れない」「酒があればこれを喜ぶ、しかし無い酒を求めて騒ぐこともない」として理解すれば分かりやすいかもしれません。いずれにしても「いまある快楽は享受してよい、しかしそれに執着して入れ込んで、奴隷状態になっては駄目だ」というわけで、彼の立場がよく表現されています。ですからまた彼はアエリアヌスという人の証言によると、「過ぎ去ったことをくよくよしても仕方がなく、これから先のことを気にやんでもならない、そうならないことが心の晴朗であることの証」である、としていたようでした。

 彼についての伝承はほとんどこの点に関わっています。例えば、
「こだわりのなさ」ということでは、彼は、「どんな場所、どんな時、どんな人とも自分を適合させる術を知っていてどんな環境にあっても自分の有り様を全うすることができた」と伝えられていますが、これは彼の人間性の柔軟さを語っています。言い換えれば、王侯貴族のパーティー会場にあろうと、乞食の群にあろうと、艱難の戦場にあろうと「自分の有り様を変わりなく全うできた」というわけです。
 したがってストラトンという人や同門の弟子であったプラトンは彼を評して
「豪華な衣装でも乞食のボロでもどちらを着ていても平気でいられるのは君くらいのものだ」と言ったとあり、彼自身哲学から得たこととして「誰とでも臆することなく交際できることだ」と答えたといいます。分かり易く言えば、豪華なパーティーで王侯貴族たちと談笑しながら山海珍味のごちそうをその場に合うように上品においしくたらふく食べることもできたし、乞食のような境遇で乞食仲間と一緒にワイワイいいながら道に落ちているパンくずを探してはそれを拾って喰い、川の水だけ掬って飲んでいても満足できたとたとえられるでしょう。
 ですから、彼とプラトンとがシケリアのディオニュシオス王のパーティーに招かれて、出席者全員が緋色の衣装をつけて踊るように命じられた時、プラトンはこれを拒否したけれどアリスティッポスは
「たとえ(狂乱の女たちの祭りである)バッカスの宴にありしといえど、思慮ある女としてさえあれば、身を汚すことはあるまじ」というエウリピデスの悲劇の一節を口にして緋の衣をつけて踊り出したと言われます。その場にあってはそれが場の雰囲気を壊さず、みんなが気分を害さないでパーティーを続けることができる方法と判断したからなのでしょう。
 あるいは同じディオニュシオス王との逸話で、王が「この館に来る者はだれでも奴隷としてくるのだ」、と言ったとき
「自由の者としていくのなら決して奴隷とはなるまじ」とソポクレスの悲劇の一節で応じたといいます。こんな具合に彼は「現実的・具体的に見える姿」が問題なのではなく「内実」が問題なのだとしたわけでした。
 哲学についての別の答えとして
「(真実の)哲学者たる者は、法がすべて廃止されるようなことがあっても、いまと同じ生活をすることができる」という答えがあったというのもよく理解できます。つまり法が廃止ということでどんな「無秩序ででたらめな境遇」が生じたとしても、「人間としてのあり方が変わらない」そうした人間性が大事だというわけです。
 ですから現実として彼は「教える」ことでの報酬として謝礼も受け取ったようであっすが、その事に何等の後ろめたさも感じてはいません。目の前にあって得られる快楽を拒絶すべき言われは何もないからです。つまり、
「贅沢であること、貧乏であることは人間として立派な生き方をするのに何ら関係がない」ことで、問題は「立派な人間であるか否か」なのであって、「贅沢をしているか貧乏な生活をしているか」に問題があるわけではないというわけでした。また彼は娼婦と同棲していたようですが、そのことで人から咎められた時も、家にしろ船にしろこれまでたくさんの人が住みまた乗っていたからといってこれを拒否するいわれがないように、これまでたくさんの男と付き合っていたからといって、男とのつきあいが始めての女と区別するいわれはあるまい、と答えたとありますが、これなども彼の人間性がよく現れている逸話といえるでしょう。つまり「いま自分が愛するに足りている女性であれば、過去など問題ではない」というわけでした。

 この鷹揚さはさまざまの逸話で紹介され、たとえば先ほど言及したシラクサのディオニュシオス王が、自分の愛妾三人の中から一人を選んでいいよと言ったとき、アリスティッポスはトロイ戦争の原因となった「三美神の逸話」を引き合いに出して、一人では駄目だと言って三人とも連れ出してしまいその上で三人とも自由にしてしまったという逸話が紹介されています。これは哲学史家のディオゲネスの意図としては
「要求していないときには最高の美人三人でも振り向かない」ことの例として挙げられているようです。 
 またお金についても、彼の従者が銀貨を運んでいてその重さに参っていると、彼は
「多すぎる分は捨てて運べるだけ運べ」と言ったとか言われています。
 また人間関係についても、自分に喧嘩を仕掛けてきた仲間のアイスキネスに対して、年長であるにもかかわらず
「仲直りの手を自ら差し出して」アイスキネスを感動させたとも伝えられています。

 彼も
「教養・教育」ということは重視し、教育を受けているものと受けていないものとの違いについて「調教されている馬と調教されていない馬」とにたとえたのでした。そして「無教養であるより乞食であることの方がよっぽどいい」として、乞食は「お金」が欠けているだけだけれど、「無教養な者には人間性が欠けている」からだと言ったといいます。一方「博識」をひけらかすような人に向かって、食べ物をたくさん食べてる人や運動のしすぎの人が適度に食べ運動している人より優れて健康ということがないように、優れている人というのは「本をたくさん読む人」ではなく「有益な本」を読む人のことなのだとしたようです。そしてまた一般的な知識は身につけたけれど哲学(もちろんソクラテス的な意味での「良く生きることについての知恵の愛しもとめ」)が欠けている場合は、『オデュッセイア』でのペーネロペイアを狙う求婚者にも似て、「周りのつまらない召使い女は手にしても肝心の狙うべき女性たるペーネロペイア」を手にしていないようなものだ、と言ったようです。また人間性については「過度を軽蔑する」ことを教えたようで、娘をそうしてしつけたとつたえられています。

ソクラテスの弟子としてのアリスティッポス
 
このアリスティッポスがどうしてソクラテスの弟子たり得たのかというはじめに提起しておいた問題ですが、ここでソクラテスへの彼の態度を調べてみましょう。
 先ず彼が自分の故郷
「アフリカのキュレネ」くんだりからわざわざアテナイに出てきた理由が、伝承によると「ソクラテスに惹かれて」であったのであり、はじめからソクラテスが目当てでやってきたようでした。その時何歳であったかは記録がなく、したがってソクラテスが幾つの時かも分かりません。しかしソクラテスの名前が遠くアフリカの地にまで評判がとどいているというわけですからソクラテスが有名となっている年齢とは推定できます。
 その時彼がソクラテスについて聞かされた話がどういうものであったかそれも記録にありません。ただ「評判によって」というのは、ソクラテスの死後になるシノペのディオゲネスやクラテス、ゼノンなどのソクラテスへの傾斜と同様であり、当時は「口コミ」で評判が伝わり、それに憧れて行くというのが一般的だったのでしょう。ソクラテスについての口コミの内容は
「権力や地位などの社会的評価ではなく人間性そのもののところで成立する人間の優れ」を実現させているソクラテスという評判以外に考えられません。こうしてやってきてソクラテスの弟子になったと考えられ、それはアテナイ以外からやってきて弟子となっていた多くの人たちと同様であったでしょう。こうしてソクラテスと共になった初期の時代のことは何もわかりません。
 アリスティッポスとソクラテス関連の逸話を拾ってみると、「人に教えてお金をもうけ、それをソクラテスに贈ろうとしたけれど断られた」という逸話、あるいはアリスティッポスがお金を持っているのをみてソクラテスがどこからそんな金を得たのかと聞いたところ、あなたが少ししか手に入れることがなかったところからです、と答えたといいます。ということは
「すでにアリスティッポスは一人前になっていた」時代の逸話ということになるでしょう。一人前だったのですから彼は「教えて報酬をとっていた」ということです。そこで彼は「ソフィスト(文字通りには「知者」という意味で、報酬を取って若者を教育していた人たち)」として活動したと評され、ソクラテスの弟子の中で「最初に礼金を取り立て」師に贈った人ともいわれるのでした。
 
こうした彼はやはり、ソクラテスの弟子なのにどうしてお金をもらうのかと非難されたようで、そうしたとき彼は「僕は謝礼をもらうよ、なぜならソクラテスだって誰かが酒や食べ物を贈った時少しは受け取ったからね、もっとも残りの大半はおくりかえしたけれど。というのもソクラテスはアテナイの上流の人たちを友人にしていたから(だから何時でももらえて困ることはなかった)。でも僕の方は召使いが一人いるくらいなのだから(当時は召使いが複数いるのが普通の家庭であった)」と答えたといいます。確かにこれは本当だったでしょう。ソクラテスは家族もありましたから、贈り物は「好意」として必要最小限度のものは有り難くいただいていたでしょう。ただし必要最小限度ですから極貧の生活ではあったでしょう。
 ここで多分アリスティッポスは考えたのかもしれません。
「ソクラテスも受け取っている、だから受け取る事自体に問題があるわけではない」「ただし必要最小限にしている」「しかし何故必要最小限度でなければならないのか、そして極貧でいなければならないことの意味はどこにあるのか」「確かに快に溺れてはならないことは分かる。しかし要は優れた人間性を形成するということであって極貧になれば良いということではない」「極貧であって人間として劣等、品性の卑しい者はたくさんいる」「一方、金持ちで裕福な生活をしているけれど人間的に優れている者もたくさん居る」「つまり経済状態や生活の仕方と人間性の形成とは絶対的な相関性はないのだ」「だとしたら無理して貧乏で困窮の生活などしてみても意味はない」「なぜなら人間は快楽を喜ぶという基本的な本性を持っているのだから」「つまり一番肝心なのは人間性の確立で、それを阻害するような快楽への溺れさえ警戒していればいいのではないか」と。以上は私なりにまとめた論法ですが、どうもアリスティッポスの生き方というのはこんなものではなかったかと考えます。
 ですから彼は「香油を塗っている」ということで非難された時も、確かに僕はそうしているし(贅沢で知られた)ペルシャ大王もそうしている、しかし他のどんな動物もそうしているからといって「劣っている」ということはないのと同様、人間にしても同じことなのだ、と言っています。つまり、
「外見ばかりで人を判断してくる」仲間や世間に対して彼は何か言いようのない怒りを感じていたようで、続けて「そんなことで文句をつけてくるような連中はくたばってしまえ」と吐き捨てるように言っています。実際彼は他人が言うほど「ソクラテスに違反している」ことはなく、ソクラテスはどんな死に方をしたのだと人に尋ねられた時も「僕もあんな風に死にたいと願うようにだ」と言っています。

ソクラテスとアリスティッポス
 以上、結局彼の立場というのは始めにも引用しておきましたが
「一番肝心のことは、快楽にうち勝ってこれに負けないことであり、快楽を控えることではないのだ」という言葉に集約されていると言えるでしょう。そしてアリスティッポスはそれが完成されている人間としてソクラテスをみていたのではないかと思われます。翻ってプラトンやクセノポンに伝えられるソクラテスを見てみると、彼は大層なごちそうのパーティーに出席して誰よりもたくさん酒を飲み、しかも崩れず、夜っぴて飲み続けているのが分かります。これがまれではなかったことは二人の筆致から分かります。ですから山海の珍味もたらふく喰っていたことでしょう。つまりソクラテスは決して「快楽を拒絶する」ような人ではなかったのでした。むしろ、その場を大切にして誰よりも料理や酒を楽しみ、だからみんなに愛されてパーティーに呼ばれ、陽気にしかも崩れずにいたソクラテスが見られるのです。「快楽を楽しみ、しかも快楽にうち勝っている」ソクラテスです。だとしたならアリスティッポスがこのソクラテスを理想にして少しも不思議ではありません。アリスティッポスもまたソクラテスの一面を確実に受け継いでいるまっとうな弟子だったのでした。
 これはしかし一方実に重要なことを意味していると思います。まず
「快楽」を享受するということですが、これを同門の兄弟子アンティステネスは「拒絶」し「苦」を敢えて求めました。これは「キュニコス学派」といわれる彼の学園の人たちも同様でした。他方、そのキュニコス学派の中から出てきた「ゼノン」を開祖とするストア学派は「苦を敢えて求める」ということこそしませんでしたが「快を享受しない」という態度は貫き、快に対して否定的評価をしていました。しかし何故なのでしょうか。
 これは私たちの周りにもたくさん観察されるように
「快楽は悪の根源」だと見なされるからでしょう。実際、いま私たちの社会は快楽を求めて争い、騙し、金を求め、権力や地位を求めています。快楽に溺れて悪事に走り、快楽に溺れて勇気も節制も公平も正義も友情もあらゆる徳性を忘れています。「人としてのありかた」など「快楽」の前には吹き飛んでいます。それが私たちの現状ですが、これはどの社会でも何時の時代にもあったことでしょう。当時のアテナイでもそうであったのでしょう。ですからアンティステネスたちキュニコス学派は「人としてのあり方、徳性の獲得」を旗印に敢えてそうした社会に果敢として戦いを挑み、ストア学派もその精神を受け継ぎ質素な生活を信条にしていたのでした。なぜなら、人間には「神を思う気持ちがあり、善を求め、悪を憎み、人間の徳性を完成させたい」という本性を持っているからで、これは理性が言ってくることとして理性を持った人間なら誰しもが頷くことだと信じられているからです。にもかかわらず人はこの本性に反して「快楽」を求め、そして「徳性」を捨てていきます。
 これは翻って考えれば、
「人間は快楽を求めて生きる本性」をも持っているということにほかなりません。人間は「誰であれ例外なく」快楽を求める本性を持っているのです。そういう本性があるがゆえに人は行きすぎて「何もかも投げ捨ててまで」快楽を求めていくのでしょう。そしてこの「何もかも投げ捨ててしまう」というところに「快楽のもたらす悪性、犯罪、徳性の喪失」といった事態が見られているわけです。これはもう一つの人間の本性である「善を求め、徳性を求める本性」を破壊する行為です。ですからこれを警戒するのは確かに正しいことだといえ、これを警戒して「徳性」だけに目を向けようとしているアンティステネスたちキュニコス学派やストアの哲人に私たちは感動すら覚えるわけです。立派なことだが「なかなかできることじゃない」と思うからです。
 この二つの本性の類別は実はソクラテスに始まっていたのであり、ソクラテスは
「快楽の本性」「肉体的欲望の本性」とし、先の理性のいってくる「善や徳性を求める本性」「魂の本性」に帰し、後者の前者に対する優位性を主張していたのでした。

 しかし少しソクラテスを離れて冷静に物事を見てみると、快楽ということがなくなったら
「人間の文化」というものが成立してきません。快楽を求めることがないのですから人間は生まれたままのものとして、ただし動物としての衣食住の充足は求めつつ、それが充足していればそれで十分満足するものとして「現にあるがままに」あり、そうあり続けることになるでしょう。「もっと裕福に、もっと安全に、もっと安楽に」と追求していくこともなく、原始時代のままそれなりにやっていくかも知れませんが、そしてそれでも良かったような気もしますが、少なくとも「現実の人間の本性とは全然違った生物の社会」となるでしょう。キュニコス学派の「犬のような生活」というあり方がそれをよく示しています。つまり私たち人類とは悲しいことに「快楽を追求せずにはおれない」哀れな生物なのかもしれません。
 しかしもしそういう人間のあり方に気がつくと、快楽を拒絶するのに
「無理」を感じてくるでしょう。なぜなら、どう快楽の劣等性を主張しようと、それは「快楽を求める人間本性に反すること」だからであり、それは「人間であることの拒否」ともなりかねないからです。だとしたらどうするか、「肉体の本性」に従ってどこまでも快楽を追い続けるか、しかしそれではもう一つの人間の本性、つまり「理性という本性」の言ってくる「悪を憎み、善を求め、徳性を尊ぶ人間本性」を完璧に破壊してしまいます。私たちの社会そのものがその事を実証しています。これを憂うならばやむなくキュニコス学派の道をとるのも一つでしょう。そしてさらにそれを柔軟にしたストア学派の道もあり、これは実際そうした人間性の喪失を憂いた多くの人たちに受け入れられ受け継がれていったのでした。したがってここでは「快楽の拒否」となったのでした。

 ところがここに、アリスティッポスは
「第三の道」を提起してきていると言えるのです。つまり、「快楽」をはじめから「悪」とみなすのを止めよう、それは人間の本性に合致している限り「無理」だ、むしろ人間の本性に合致しているものとして「善」として認めよう、ただしこれが「行き過ぎてもう一つの本性を破壊する」ようなものになったらこれは「人間本性の破壊活動」なのだから「悪」としよう、というような立場なのです。つまり「二つの人間本性を両立させよう」というのが彼の立場だったのでした。なお、ここの「快を求める人間本性」を「本能」と理解しておいてもいいでしょう。ですからキュレネ学派における「快楽」というのはかなり積極的な「肉体的快楽」を意味していると理解して良いでしょう。
 しかし以上のような立場がバランスよく追求されているなら
「快を楽しみつつ品性において高く、自由でおおらかな」一つの「見事な人間」のあり方を実現させてくるでしょう。おそらくアリスティッポスが目指していたのはこの場面の人間で、そしてその完成体をソクラテスのなかに見ていたのでしょう。そして彼はこの場面で自分を実現させたいと考えていたのでしよう。
 しかし、どうしてもこの
「快楽は多分に妖しい魔力をもって人を籠絡」してこれにおぼれさせ、一方、「快楽は相対的ともなり刹那的」ともなるわけで、アリスティッポス以降のキュレネ学派は「無神論者」といわれるテオドロスのような人を生みだし、彼は「ニヒリスト」となって「世の価値観」をみとめず、「快だけが真実」として「窃盗・姦淫・神殿荒らしなども社会の通念上の犯罪」「自然的には悪とは断定できない」とまで主張までしていきます。また「死の勧誘者」ともいわれるヘゲシアスのような人は、肉体は多くの煩いに満ちて苦痛を与え、心もそれに伴って煩わされ、我々が望むものはほとんど遇運がこれを阻害し、したがって本当の意味で快楽は得られない、それゆえ「幸福などあり得ず、生と死はどちらも同じくらいの望ましさしかない」と主張していきます。こうしてキュレネ学派は行き詰っていったのでした。アリスティッポスの精神はむしろもう少し後に現れる「エピクロス」に引き継がれていると評価できるでしょう。

▲ページのトップへ