16.生と死に向き合った哲学者たち - 1. 人生をまっとうに考えた最初の哲学者「ソクラテス」 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

16.生と死に向き合った哲学者たち
HOME
INDEX
1. 人生をまっとうに考えた最初の哲学者「ソクラテス」
2. 獅子のように社会と戦った「犬のアンティステネス」
3. 流れる雲のように自由な「快楽主義のアリスティッポス」
4. 「正義の政治を思うプラトン」はどう生きた
5. プラトンの「天から落ちた人間とこの地での輪廻転生」
6. アリストテレスの「人間、生き方、社会」の論
7. 第二のソクラテス「酒瓶に住んだシノペのディオゲネス」
8. 愛に生きた「犬の夫婦哲学者クラテスとその妻ヒッパルキア」
9. 魂をもって現実を生きる「ストア学派の祖ゼノン」
10.ストア学派の「世界市民、自然に即して、不動心」
11. ストアの哲人「泰然とし自由な奴隷のエピクテートス」
12. ストアの哲人「哀愁の皇帝マルクス・アウレリウス」
13. 「隠れて生きた」快楽主義、「エピクロスの学派」
14. 神秘主義、新プラトン派の「プロティノス」

1.

「哲学」の一般的な用法と本来の用法


はじめに
 この章全体は、
「人間を考え、人生を考え、生きるということを考えたい」人々に向けて書かれているものです。これは「哲学の原点」の問題なのですが、しかし現代はこうした問題を「殆ど忘れて」あるいは「どうでもいいこと、つまらないこと、暗いオタクがやること」としてしまっているようです。そして「その日その日を楽しく快適に生きれば良い」としているようなのですが、他方で、少しでも何かがあると「不安」に駆られて右往左往してしまいます。
 そうしてあくせくするうちに
「人生のあり方というものそのもの」に意識が向いた人々、特に若い諸君に向けて「人生を考える上で何か刺激となる考え方」を紹介したいという意図でこの章は書かれています。
 念をおしておきますが、ここでの紹介は
「刺激」であって、「このように生きなさい」という助言・示唆ではありません。時代も状況も違いますから「先人と同じように生きる」などということはできるわけもありません。しかし、人生を考えて生きた先人の生き方・思想は、誰にとっても「自分の人生を」考える上で大きな刺激になるのは間違いなく、それだからこそ歴史を通して今日まで伝えられているのです。
 ただし結局ここでは
「古代ギリシャ・ローマの哲学者」を扱うことになります。哲学が「人生を考え、人生を形成する」ことに尽きていたのはその時代だけであったからです。
 中世の哲学は
「聖書に示されている世界を神学的に体系づける」ことでしかありませんでした。
 近代から現代になっても哲学の主流は
「世界を解釈すること」に殆ど尽きており、わずかの人々が「人間の生そのもの」を問題にしたにすぎません。しかしそれも「人間とは何か」という理論的なものが主流でした。そういうわけで、ここでは「まっとうに人生を見据え、それを自分の人生そのもの」とした哲学者として「哲学の原点の時代」に特化することとしたものです。
 
もちろん、近代以降「キェルケゴール」や「ニーチェ」「サルトル」など「人間の生そのもの」を哲学の主要課題とした例外的な哲学者も生まれています。彼らについては別途「哲学入門」の章において扱っていますのでそちらを参照してください。
 
論の運びですが、彼らの哲学とは「人生に現れる」ものでしたから、彼らの「生き方、生涯」を先ず何をおいても紹介しなければなりません。その上で「まとめ」という位置づけで彼らの「思想」をまとめて紹介するという仕方となります。

ソクラテスの課題
 「哲学」「ないし「人間を考える」といえば、誰をおいても「
ソクラテス」ということになります。ここがすべての原点となります。
 ソクラテスは紀元前399〜470年頃古代ギリシャに生きた人であり、
「哲学の祖」として知られています。「哲学」というのはギリシャ語原語で「フィロソフィア」といいますが、文字通りの意味は「フィロ=愛、ソフィア=知」で「愛知」となります。内容的には「“人間として良く生きる”ことについての“知の愛し求め”」となります。なお、「ソクラテス、プラトン、アリストテレス」については、ここでは彼らの「生と死の思想」に限定し、全体的な紹介は「哲学入門」の方にしてあれますので参照してください。

「人間についての知の愛し求め」とは
 ソクラテスが問題にした
「人間として良く生きることについての知」というのはあらゆる個別の知が向かう「究極の知」と言えます。何故なら、人間や文化、社会に関わるさまざまの個別の知はもちろんですが、自然現象に関わるものであっても「人間が問題にして問うた」ものなのであり、その限りで「人間に関わるもの」であり、「人間が良く生きる上での知」に向かっている筈だからです。
 他方、「人間が良く生きる」という言い方がされる以上、それは
「実際の具体的な人間の生」に現れてくるものでなければなりません。つまり、ここでは哲学とは「人生の形成論」となります。
 
はじめに指摘しておいたように、中世以降、哲学の課題は人間や世界を「解釈する」ための論になってしまったために「人生の形成」という側面が失われてしまいましたが、哲学の原義は「人生の形成論」であったことは忘れてはならないことで、従って近代以降そうした側面を持つ哲学も一部に復活してきます。

 何故ソクラテスが
「良く生きること、また人間とは、人生とは」について本格的な思考をはじめたのでしょうか。私達の場面で考えてみましょう。私達人間は誰にしても「人生が良くありたい、幸福でありたい」と思います。しかし、そう思いはするものの、どうなったら「人生が良く幸せ」なのかよくわかりません。多くの人々は「衣・食・住の満足」や「快楽の充足」をもとめ「財産・地位・権力・名誉」を得ることに「人生の目的」を見ているようです。それが「幸福を保証する」と信じてです。
 しかし、実際のところ「財産が山ほどあっても」「大企業の社長など地位を得て名声が高くなっても」「大統領や首相など権力を握っても」、どうもさっぱり「幸福」とは見えないことが多いようです。反面で、貧しく地位も無いけれど
「楽しく幸せそうな人」もたくさんいます。それで「どうも良くわからない」となるのです。
 また別の面から見てみましょう。近代科学の使命は
「人間のために自然を支配し、利用する」ものとなり、その目的は「人間がより快適に、便利に、豊かに」というところに見ています。しかし、その結果が、たとえば「多くの生物の絶滅・地球の温暖化・砂漠化、あるいは人間の精神的貧しさ」などを生みだしました。あるいは分かりやすい例としては、原子力発電は「電力の供給」には利便性を持つものの「生物・人類の絶滅」というすさまじいリスクを抱えています。生物や人類の破滅という「考えられないほどのリスクを抱えての利便性の追求」とは何なのでしょうか。
 しかし、人間はそうした反省を
「リスクが身に降りかからない限り」殆どしません。「身に降りかかってきたときはおしまい」なのですが、ところが今のところ「身に降りかかっていない人の方が多数」ですので相変わらずとなります。
 こうしたことに
「気がつく」と大変です。はじめから考え直さなければなりません。

 こうして、一度立ち止まって自分の人生を世間のしがらみから離れて見つめ直して見ると、
「人間とは何なのか、人生の目的とは何なのか、人生の意味とは何なのか、本当のところ誰も良く分かっていない」という事実が浮かび上がってきてしまいます。しかし、それでは「不安」ですので、人々は「分かっているつもり」になって、多くの人々の走っている方に自分も走っているのが実情といえます。
 あるいは
「気づきたくない」という「本能」が働いてくるのかもしれません。何故なら、気がついてしまうと「不安」になるからです。こうして多くの人々はその「不安」から逃れるために「言い訳」をしたり、「分かった振り」をしたり、「虚勢を張ったり」してくるのです。
 しかし、人生に対して誠実であろうとすると一度はその「不安」の淵を覗いて、そこから自分の人生を見つめ直すことが要求されます。
「他人によって左右されない自分の人生」「自分が真に納得できる人生」を形成するために、です。
 
そうはいっても、こんなことを追求するのは自分一人では難しいです。誰か導き手が欲しいです。その導き手はその「不安」を真実に自覚し、問題とし、一生かけてその問題と格闘して、そして指針を示してくれた人となります。私達が歴史を振り返ってそうした人を求めるのはこうした事情があるからです。その指針を与えてくれそうな人の歴史が哲学史となるわけです。
 哲学者としては、ソクラテスこそが史上初めてその現場に立った人となります。
「人間とは何なのか、人生とは何なのか、生きることの意味は、目的は・・・誰も知らない」という絶望的な現場に、です。そしてソクラテスは文字通り生涯と死をかけてそれに立ち向かい、そして「自分なりに真に納得できる生き方」の指針を示してくれたのです。私達が人生に問題を感じたときいつも立ち返るのがソクラテスとなるのは、ソクラテスこそがもっとも優れて指針を示してくれるからなのです。ソクラテスが人類にとって最高度に重要なのはこうした意味合いにおいてなのでした。

人間の優れと魂
 さて、上にも示しましたか、私たちの現代社会でも「地位・財産」などなく「無名」の人であっても
「立派な人」と評価できる人がいることは多くの人が認めると思います。それは特に誰ということはなく、「誠実で人に優しく、まじめに人生を送っている」人であればみんなそう評価しています。
 敢えて言ってしまえば、ソクラテスが思う
「優れた人生」というのはそうしたレベルの人生を意味しており、そうした人をソクラテスは「魂」において優れた人と呼んで、これこそが「真実に人間らしい優れた人」と考えたのでした。
 ここでの
「魂」というのは、ちょうど車を運転している「運転手」にたとえれば分かり易いかもしれません。外見は「車が走っている」わけですけれど、それは実は「外から見えない運転手」が動かしているわけです。私たちの場合「肉体が車」みたいなもので、「魂が運転手」というわけです。「運転手」が優れた人であるなら車も「上品」に動き、「運転手」が乱暴であったら車も乱暴に動きます。人間も同様で「魂」が優れているならその肉体の示す行動も「上品」であり、魂が粗野であったら肉体の示す行動も「粗野」になります。
 この
「魂の優れ」をソクラテスは内容的に普通の言葉で「正しく、公平で、勇気あり、誠実で、心優しく、節制し・・・」などと語ります。ソクラテスはとにかく「日常の場面で、一般の人々特に若い青年たちと、日常の言葉で話しをしながら」問題を追及していましたのでこんな日常の言い方となってきます。ともあれ、こうしたものが「人間としての優れ」としたのでした。
 ところがこれを日本語に訳した時、内容的に
「徳」と訳されることが多くなりました。ソクラテスの問題とは「徳にあった」などと一般に紹介されるようになったのはこうした事情からです。しかし、これは言葉の上で中国の「儒教」あるいは「徳目」と同じようにイメージされ、あまりいい紹介の仕方ではありません。ソクラテスの問題とは「徳にあった」という紹介の仕方よりも、「人間として優れているとはどういうことなのか」を問題にしていたと言うべきでしょう。現在、多くの日本訳がそうした方向の訳語をとっているのはそうした意味合いからです。
 ソクラテスはこうした
「人間の優れ」を問題として追及し、追求しながら生きていくのを「人間のあるべき生き方」としたのです。つまり、本当に「こうであったら人間として完成された優れ」などというものは神様でなければ知ることなどできません。人間は生物として欲望を持ち、「衣・食・住の満足」についても「飽くことなく贅沢を求め」ます。そのため人を騙し、恥じることもなく、優しさを失い、また感情も強いため「怒り、憎しみ、ねたみ」ます。ここにおいて、「人間らしく」と思った人間が出来ることと言えば、「何が真実の善であり、正であり、うるわしいことなのか良く分からない」ということを正直に認めて、認めたところからそれを追求し、とりあえず納得したところで行動し、さらに追求し、ということだけです。このあり方をソクラテスは「フィロソフィア・愛知の道」と呼んだのでした。

「正しい認識」は正しい行為につながる
 人は、
「分かっているけどつい悪いことをしてしまう」といいます。でも本当にそう思っているのでしょうか。「大したことはない」と思っているのではないでしょうか。もしそれが「本当に地獄行き」だと分かっていれば、人は悪事など働かないでしょう。そんなことはないと思って、それが今「得」になる、「利益」になる、「快楽」であるということで、そう行為してしまうのでしょう。ですから、「本当に」その行為の意味が分かれば人は正しく行為できる筈です。勿論そんな「知」は得られないかもしれませんが、しかし、少しでも多くその知をもてれば、その分「より正しく」行為できるでしょう。ソクラテスはそんな風に考えて「正しい認識」へと追及の道を突き進んでいったのでした。ですから、この「知」というのは学校で習ったり、本に書いてある「知識」などとは全然違います。むしろ、「人間そのものについての洞察、人生についての洞察」といえるでしょう。

ソクラテスの原理
 そしてその具体的な追求のありかたですが、人生の行動のあり方において人はたとえば損・得とか、快・苦とか、あるいは常識とか
「ある一つの原理・原則」を立てて行動するものだけれど、自分(ソクラテス)の場合にも「これが正しいかな」と思われる「行為の原理・原則」を立てて行動しようとします。そしてその「原理・原則」について、そこにどんな小さい些細なことでも「矛盾・疑問や反対」があるならそれをとことん追求してその矛盾や疑問や反対が解決・解消するように「吟味」を繰り返してみようとします。もちろんこれに「終わり」などないわけですけれど「現時点では、これが一番矛盾も反対もない」という形で「回答」を出すことは可能です。
 そしてソクラテスの場合、その「人生の行動原理」を具体的な場面でさまざまに言っていますけれど、有名なのが
「人はただ生きるのではなく、良く生きることが大切なのだ」というものがあります。これは「人生とは長生きしさえすれば良い」というものではなく「これこそが良き人生だと確信の持てるあり方で人生を送り、そこにおいて死の危険があってもそれを引き受けて、その人生のあり方を全うすべきだ」というものです。
 そして具体的に、自分の身代わりとなって死んだ親友の仇を討つために命をかけた伝説の英雄アキレウスや愛のために自らの命を差し出した神話上の女性の名前などを引用して、
「己の信念を貫いて、そのために死を選ぶことすらあり得るような、そうした人生のあり方に真実の人生が見られる」ということを言ってきます。これは具体的にソクラテスが無実の罪で死刑にされていった時の信念の言葉でした。
 もちろんだからといって簡単に死を引き受けてよいといっているわけではありません。
「死を選ばざるを得ない」という場面のことであり、その時とは「自分の人生」が台無しになってしまうと思われた時だけのことです。
 そして、ソクラテスは「自分の人生」のあり方の原理として
「善く生きると正しく生きると美わしく生きる」とは同じことであり、従って「正しく生きよう」とし、それにかかわって具体的に「不当に相手を害することは不正」としたのです。
 こうした、人生の原理・原則についてソクラテスはさまざまのところでさまざまの語ってきますけれど、一番切実な場面は、死刑判決を受けた後の
「脱獄の勧め」という局面でした。「死」がかかっていたからです。
 ソクラテスは無実の罪で訴えられ、「不正に」死刑を受けています。ですから弟子たちは「脱獄すべき」だと思いました。そしてそれは可能な状況にあったらしいことがさまざまの文献から推し量れます。それに対してソクラテスは、確かに「不正な死刑判決」ではあるけれど、その「不正」を働いたのは「国の法律」だったわけではなく、
「事態を正しく理解し正しく法を適応しなかった裁判役」の人たちだとします。一方「脱獄」というのはその人たちに対する戦いの行為ではなく「国」に対する反逆罪になってしまい、自分は国を愛しており今回の裁判に関しても法律的におかしかった点があったり国そのものが不当を働いたわけではないのだから「国家反逆罪」となる脱獄はできない、という結論だったのです。こうしてソクラテスは「死」を引き受けていったのでした。他方で「裁判役であった人々」に対しては痛烈な批判の言葉を残しています。

何故裁かれたのか
 ソクラテスが民衆裁判で死刑にされる裏には、ソクラテスが有力者達に憎まれていたという背景がありました。そして
「若者を堕落させ、神々を認めない」ということで告発され裁判にかけられてしまったのです。何故憎まれたのかというと、ソクラテスは「真実の人間のあり方」を問題にして、その追求の上で社会の有力者たちにさまざまの質問を浴びせかけて吟味してしまい、彼らの「欺瞞」を明らかにしてしまったからです。それだけならまだしも、若者たちがそれを真似して大人たちの生き方を批判するようになったようでした。こうして「若者を害している」とされて告発されてしまったわけですが、しかし実際にはソクラテスにはそんな意図もなく罪などないのですから、それはどうも多くの人々にも理解されていたようで、助かろうと命乞いすれば助かるような状況にありました。
 しかし、そのためには告発者たちが望んでいた
「真実の探求」をやめなくてはなりません。つまり、有力者達はソクラテスに「真実、人間としてのあり方」など追求せずに黙って静かにしていて欲しかったのです。しかし、そんなことをすれば、「これまでのソクラテスは何だったのか」ということになるでしょう。「あるべき人間の生き方を求めること」「真実を求めること、真の正しさ、真のよさ、真の美しさを求めること」などは「止めてもいいもの」になってしまいます。ソクラテスは、「その探求は命に代えられるものではない」と思ったのです。
 つまりこれは、
「彼自身の人生そのものを守った」といえるでしょう。「ただ生きることが人生」ではなく、「こう生きるのがよい、と自らの意志で決断した生を生きることこそが生」だからです。ソクラテスはそう言って、命乞いを拒否して死んでいったのです。

 ソクラテスについては紹介しだしたらいくら紙面を使っても足りないくらいですが、ここで以下、ソクラテスの弟子たちと言われる人々の紹介に移りたいと思います。彼らは、いずれも
「ソクラテスの生き方・思想の発展」という性格をもっているため、彼らを見ていくことは「ソクラテスを見ること」と変わりなくなってくるからです。彼らはソクラテスの「人生に対する誠実さ」を受け継いでおり、彼らなりに「納得のいく人生」を求めていきました。

▲ページのトップへ