15.西洋と中東の宗教的葛藤 - 1. 中東の現状と主要な紛争地 | 小澤 克彦 岐阜大学・名誉教授

15.西洋と中東の宗教的葛藤
HOME
INDEX
1. 中東の現状と主要な紛争地
2. 西洋と中東を巡る宗教的紛争のキーワード
3. すべての元凶、パレスチナ問題
4. 中東戦争
5. 「イラン」「イラク」の問題
6. またもイギリスとアメリカの野望の餌食「アフガニスタン」
7. 「ユダヤ教」「キリスト教」「イスラーム」
8. 西洋と中東の摩擦の元凶、「十字軍」
9. オスマン・トルコ帝国と西洋との軋轢
10. イスラームとはどういうものか
11. イスラームの抗争の歴史
12. シーア派とはどういう派なのか
13. アメリカとイスラームの関係
14. 西欧世界の性格
15. 現代の宗教の欺瞞と迷走

1.

中東の現状と主要な紛争地


何故、紛争・戦争は起きるのか
 「西洋と中東の宗教的葛藤」という問題は非常に難しいテーマとなります。その理由の一つは、「西洋と中東との紛争」についての情報は殆ど
「アメリカおよび西欧から」発信され、それは「アメリカ・西欧の立場で、アメリカ・西欧の価値観に基づき、アメリカ・西欧の利益のために」為されているということです。そのため、その意に沿っていない国の評価は「マイナス評価」となってしまうわけで、現実的には「中東諸国」がそうなっています。
 この「アメリカ・西欧の立場、価値観」というのはもちろん
「政治・経済」の面での「利得、損失」という観点が最大ですが、もう一つ「宗教的、つまり善・悪、正・不正の感情」というものが加わって来ます。事態を複雑にしてしまうのはむしろこの「宗教的感情」が大きいです。そして、「アメリカ・西欧」は「キリスト教」であり、中東は「イスラーム」です。ですから当然「キリスト教は素晴らしく」「イスラームは怪しからぬ、怪しげな宗教」と伝えられてきてしまいます。日本人の大半はキリスト教徒ではありませんけれど、何となく「そんな感覚」となっていることは否めないでしょう。

 ところで、「事態を複雑にする」といいましたが、それはこの「キリスト教とイスラーム」において典型的にでてくるのです。それは何故かというと、この二つの宗教は実は「姉妹宗教」「母胎は同じ」なのです。それだけに厄介で相手を「次元の違ったもの」と見ることができないので「ぶつかる」ことが出てきてしまうのです。ただし、何もない時には「ぶつかりません」。一般庶民は誰にしても「ケンカ、戦争」は嫌だからです。ですから「平和共存」はいたるところで長い時期続いているということが普通でした。
 しかし、政治指導者や宗教指導者は
「自分たちの利得や権力」の獲得のために、この「善・悪、正・不正」という宗教感情を「利用し、あおり立て」、一般大衆を「自分の思惑の下」に置こうとします。こうして「紛争・戦争は大きく」なってしまうのでした。
 西洋も中東も、歴史を振り替えるとこうした類の紛争・戦争で一杯です。最悪なのが20世紀から21世紀にかけてであり、こんな
「世界中が憎しみと紛争・戦争の時代」は歴史を振り返っても二つとないほどです。つまり、私達の世紀は政治指導者、宗教指導者が「最悪」ということなのです(ヒットラー、スターリン、ポル・ポト、ブッシュ、皆20世紀の指導者です)。一般庶民はそうした指導者にあおり立てられて「理性を失い、憎しみの感情だけ」で動き回っているといった状態です。もちろん、事態を冷静に見据えて「平和」を志している人々も多いです。私達は一人でも多くそうした「平和を第一」にする人々を作り出し見いだして行かなければなりません。この章の目的はそうしたところにあります。

何故日本は「アメリカ」ばかりを信用するのか
 
日本は世界最大の「アメリカ贔屓」の国と言われており、その「アメリカ好きの割合」は世界でも突出しているとされます。そのため、今指摘したことが日本では殆ど問題にされません。何故こんなことになってしまったのでしょうか。
 それは簡単です。戦後の日本は
「アメリカによる支配」となり、とりわけ「経済は完全にアメリカ依存」となり、政治家は「アメリカの鼻息だけ」を気にし、日本人の大半は「アメリカ贔屓」となってアメリカに憧れ、マスコミ界や映画やテレビ・ドラマ、歌や舞台、ファッションなどの世界がこぞって「アメリカ一辺倒」となって「日本人を洗脳」してしまいました。ですから大半の日本人が「アメリカ大好き」となって「アメリカは正義の味方」と思いこんでしまったのです。
 「学問の世界」も同様で、日本の学者の大半は
「欧米文化・科学」の研究のレベルに居ます(私も同様です)。「学問的価値観」は欧米によって作られているのです。ですから日本の学問は「欧米文化、学問」が基準となり、そのためどうしたって「欧米より」になってしまいます。

 しかし、こんな状況を抜け出した人々もおりました。まずは「情報」に関わる人々です。彼らは主に
「フリー・ジャーナリスト」と呼ばれる人たちに多いです。彼らは外国のニュース情報にたよるのではなく「自分の足で実際の現地に赴き」、そこにある状況を「自分の目で見、自分の耳できく」ようになりました。そうすると日本に流布しているニュースが「ひどく偏っていて」、単に「アメリカのアメリカによるアメリカのためのもの」にしか過ぎない、ということに気がついたのです。
 さらに、こうしたフリー・ジャーナリストのもたらした情報に
「びっくりした人々」もたくさん出てきて、「本当のところはどうなのだ」ということで、これまでのニュースに疑問を持つようになりました。こうして疑問の目で見てみると、これまでのニュースが如何に偏ったものであったのか、ということが見えてきて「ニュースの洗い直し」をするようになりました。
 これは知識人レベルにとどまらず、一般のマスコミも少しずつそうなっていきました。この典型的なものを私達は
「イラク紛争」に見ることができます。当時のアメリカ大統領のブッシュは「イラクが大量破壊兵器を持ち、危険な国」という理由で勝手にイラクを攻撃し大量の民衆を虐殺してしまいました。しかし、当時の国連ですら「それはない」ということでアメリカを止めようとしたのですが、ブッシュはそれをはねのけて戦争を始めてしまったのでした。日本では当時の小泉首相がいち早く「ブッシュに賛成、支援する」として何も調べもせずに「積極的な支援」を表明し、日本人の大半もこれを容認して「フセインを悪人」とし、「正義の味方アメリカに拍手喝采」をしていたのでした。
 
しかし、現在では、イラクに大量破壊兵器など全く存在していなかったこと、当時の国連視察団もそれを認めていたこと、ブッシュの言い訳は全くの欺瞞であったこと、ブッシュの狙いは石油利権の奪取、およびキリスト教原理主義に基づくイスラーム憎悪にあったということなどは、すでに日本の大手の新聞・テレビですら報道しています(ただし、だからといって「ブッシュの犯罪」を断罪することはしていません。アメリカとの仲が悪くなることを怖れてです)。
 こんな具合に、少しずつではあるものの
「偏った報道」から抜け出す機運が日本にも出てきています。世界に関心を持っている人々、特にまだ洗脳されきっていない「若い人々」「新しい物の見方」が可能となっています。

 この章はそうした人々に向けて作られているものです。ここでの私の立場ですが、本当の意味での「客観的見方」などは人間である限り不可能ですので、私はニュースや歴史、あるいはあらゆる事柄の判断は
「弱い者、攻撃されている者、悲しんでいる者」の立場に立って見る、ということを大原則にしています。強い者、攻撃している者にも「言い分や理由」はあるでしょうけれど、それは取り上げないことにします。いいだしたらキリがなくなり、やればやるほど「弱い者、悲しんでいる者の声」は遠く霞んでいってしまうからです。従って、ここでは私は「爆撃され、殺され、泣いている中東の一般の民衆の立場」にのみ立って「彼らの声」はどういうものなのだろう、と迫っていきたいと思います。

 ここで先ず現在の
「西洋と中東の葛藤に絡む紛争地」を簡単に紹介しておきます。中東とは地中海の東の海岸線に並ぶ「シリア、レバノン、パレスチナ(イスラエルを含む)」から東に内陸に入り「イラク、イランを経てアフガニスタン」までとします。

1、 パレスチナ
第一次大戦以来の紛争地。現住民族の「パレスチナ人」と、大戦後に入り込んだ「イスラエル人」との間の領土問題。
最大原因は大戦での
イギリスの欺瞞とその後のアメリカの謀略
現状は
イスラエルによるパレスチナ人に対する迫害。ユダヤ資本に依存するアメリカの横暴。
パレスチナ、解放戦線「PLO」の衰退と「ハマス」の台頭。
国連の
「イスラエル非難決議」「アメリカによって阻止」される。
紛争を複雑にしている
「宗教的感情」「ユダヤ教とイスラーム」の関係にある。

2、 イラク
かつてアメリカが
親米派であったフセイン大統領をたきつけてイランへ侵攻させる(イラン・イラク戦争)
フセインの
クゥエート侵攻アメリカの裏切りフセインの反米化
アメリカによるイラクへの攻撃
(湾岸戦争)。フセインさらに反米化。アメリカのフセインつぶしの陰謀
アメリカ、
国連決議に反してイラクへ侵略(今回のイラク戦争)。フセイン政権を倒し石油利権を奪取。アメリカの傀儡政権の形成。フセインの処刑の断行。
事態を複雑にしている要因としての「宗教的感情」のぶつかりあいは「イスラーム・シーア派とスンニ派」にあるが、これに「民族問題」が絡み、クルド人の三つどもえの紛争と「親米・反米勢力の戦い」という収拾のつかない
内乱状態

3、 イラン
近代のイギリスはじめ西欧列強の侵略。混乱に乗じ、
アメリカの傀儡政権「パフレヴィー政権」が形成される。
「パフレヴィー政権」の民衆抑圧とアメリカ迎合。イランの石油利権が奪われ、何よりも「イランの主権」が奪われていることに対する
「ホメイニ・民衆革命」の勃発と勝利。
アメリカの介入とイランの反発
(アメリカ大使館占拠事件)。アメリカ、「当時は親米派のイラク・フセイン大統領」に「イラン攻撃」をそそのかす。
イランこれをはねのけ、反米化が推進。
アメリカ、「反米化したイラクへの侵略戦争」のため「イラン攻撃」を手控える。
今、再びアメリカの介入がはじまり「核兵器開発」を口実に
「経済封鎖」を断行。
宗教的問題としては、イランが
「イスラーム・シーア派」の牙城である点にある。

4、 アフガニスタン
イギリスによる植民地政策における侵略(いわゆるアフガニスタン戦争)。
内紛時の
ソ連とアメリカの介入。ソ連に対するイスラームのジハードアメリカによる介入と軍事指導。ソ連の撤退。
若手神学者団体
「タリバーン」による秩序の回復運動と政権の確立。イスラーム原理主義とビン・ラディンの運動。
アメリカ、ニューヨーク9.11自爆攻撃の
犯人をビン・ラディンと断定、その引き渡しをタリバーンに要求。タリバーンの拒否。
アメリカによる全土への爆撃。荒廃とアメリカの傀儡政権の形成。荒廃の継続。タリバーンの勢力の復活。
事態の背後に
「タリバーンの原理主義イスラーム」と、それを嫌う「欧米キリスト教感情」が大きく影を落としている。
5、 エジプトなど「北アフリカ」とアラビア半島
近代の国家形成と部族間の権力争い。欧米資本の巨額の投入。
権力者・資産家階級の親欧米化。指導層・資産家のみ豊かとなる。
貧富の格差のすさまじい増大。人民抑圧政策。「イスラーム原理主義」の台頭。
「下層人民」による革命的運動が勃発。「チュニジア、エジプト」「サウジ・アラビア」など親欧米国ばかりか、「部族間問題」のあった「リビア、バーレーン、イエーメン」「シリア」にまで波及。殆ど「革命」の連鎖となっている。
6、 西欧各国
ニューヨークでの9,11自爆攻撃。スペイン・バルセロナでの自爆攻撃。ロンドンでの自爆攻撃。
フランスでのアフリカ旧植民地移民を中心としたイスラーム移民およびそれに連帯した下層市民の暴動
ドイツ・オーストリアでの
「ネオ・ナチ」の急増とイスラーム移民に対する迫害。
「ムハンマドの戯画事件」に見られる西欧全体のイスラーム憎悪の感情
アメリカの原理主義キリスト教に典型的な
「キリスト教の頽廃と欧米人の精神の荒廃」

▲ページのトップへ